【讃岐うどん】かなりの剛麺が楽しめる『かつや(喝屋)』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさんこんにちは

讃岐うどんが大好きな愛媛県人のフミです。

今回は三豊市にあるかなりの剛麺が楽しめる『かつや(喝屋)』さんを紹介します。

さぬきうどんと言えば麺のこしが強いのが特徴ですが、その讃岐うどん屋さんの中でもかなり強いこしがある剛麺が楽しめます。

その前に讃岐うどんとはどんなものか知りたい人はこちらを読んでください。

スポンサーリンク

『かつや(喝屋)』の場所は?アクセスは?

『かつや(喝屋)』の場所

住所: 香川県三豊市三野町大見甲5854−1

『かつや(喝屋)』へのアクセス

高松駅から約50キロあり、高速を利用すると約50分、利用しないと約60分かかります。三豊鳥坂ICから約5分で着きます。さぬき豊中ICからは約10分で着きます。

『かつや(喝屋)』は初めて行く人は要注意

なぜ要注意なのかといいますと

1.店主がワンオペでお店を営業していることもあり接客にはあまり期待しないでください。

ですがうどんは木の葉型の天ぷらで有名な高瀬の渡辺さんの所で修業をされていたそうなので間違いありません。

2.普通に注文すると2玉出てきますので、1玉でいい時は小と頼みましょう。

3.ナビで目的地を設定すると、かなり細い道に誘導されてしまうこともあるようです。

『かつや(喝屋)』のメニュー

うどんのメニューは季節によって変わるとかかわらないとかとの未確認情報をキャッチしましたが一度しか行ったことがないのでわかりません。

ワンオペな事もありかなりメニューも絞っているようです。

うどんのメニュー

  • かけうどん 300円
  • かつやの冷やし 400円
  • 天ぷら 450円

私が行った時はこのようなメニューでした。

これは2玉の値段で、小(1玉)だと-50円、大(3玉)だと+50円だそうです。

サイドメニューとしておでんはありました。他はちょっと不明です。

『かつや(喝屋)』のうどんを堪能する

事前情報なしに訪れてしまったのでかけうどん(2玉)を注文。

もちろん事前情報なしで行ったので小と言わないと2玉なんて知りませんでした。

そして剛麺を楽しみたいならかつやの冷やしを頼むべきだったようです。

すでに二つの間違いを犯していたようです。

かけうどんが到着すると・・・なんか大きいなぁと思いました

そして珍しいのは海苔がのっていることですかね。かけうどんに海苔がのっている讃岐うどん屋さん私は他には知りません。

まず出汁を飲んでみるとイリコ出市(観音寺市)も近いこともありイリコ風味がよく出ていました。

そしてその出汁と相性がいいのがこのワカメ・・・ワカメもかなり多かったです。

そして剛麺と言われている麺を食べてみるとこしがしっかりして小麦の風味も感じられるが剛麺とまでは言えない印象でしたが、イリコ出汁と相性が良く美味しくいただけました。

かけではなく、かつやの冷やしを食べれば剛麺をかんじられたかもしれませんが、かけでもかなり美味しく二玉でも問題なく食べられました。

まとめ

木の葉型の天ぷらで有名な高瀬の渡辺さんの所で修業をされていたこともあり、天ぷらは木の葉型で麺や出汁のレベルも高い。

店主がワンオペなので接客などは期待してはいけない。

剛麺を楽しみたいのならかつやの冷やしを注文しないといけないようです。

『かつや(喝屋)』の情報まとめ

住所香川県三豊市三野町大見甲5854−1
営業時間11:00~13:30
定休日:日曜日
アクセス高松駅から約50キロあり、高速を利用すると約50分、利用しないと約60分かかります。三豊鳥坂ICから約5分で着きます。さぬき豊中ICからは約10分で着きます。
駐車場有り
営業形態一般店(ワンオペ)

スポンサーリンク
おすすめ記事

おすすめ記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする