2020年の投資方針について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさんこんにちはフミです。

今回は2020年の投資方針について書きます。

まず2019年末のリスク資産の内訳は

これ以外にもリスクが少ないといわれている現金(預金)やリスクがかなり高い?仮想通貨なども持っています。

お金の事をブログなどで発信していますが、正直このリスクの資産の内訳が良くありません。

そこで今回は、2020年の投資方針および、もっと長期的な投資の目標を見えるかし、ブログに書くことで退路を断つつとともに誰かの参考になればと思います。

スポンサーリンク

長期的な投資の目標

まず長期的な投資の目標として60歳の時に金融資産5000万円以上持っていることです。

投資の目標がなぜ60歳で5000万円なのか?

2020年現在私の年齢は35歳で、私が仕事辞めるころには定年が65歳いや70歳、もしくは定年という概念がなくなっているかもしれません。

そして年金も何歳からもらえるかわからない状況です。

平均寿命としては男性は80歳をこえていますが、健康寿命は男性だと72歳ぐらいです。

70歳まで働くと健康寿命まで残り2年しかありません。

これだと生活のために働いているだけになりますよね。

それでは残り25年働くモチベーションが維持できません。

60歳に仕事をやめる未来が見えていればなんとか働くモチベーションも維持できます。

ですので60歳という年齢を一つの目標にしています。

5000万円の理由は老後2000万円問題からもわかるように、65歳からですと約2000万円足りないといわれています。

私が65歳になる頃にはたぶん65歳からは年金を貰うことができないのではないかと思われます。

70歳からもらえるとして無収入の期間が10年あります。

その10年間金融資産の運用+切り崩しで70歳時点で金融資産2000万円以上残っていれば周りに迷惑かけず生活できるのではないかと考えているからです。

残り25年で金融資産5000万円貯めるには?

年間200万×25年で5000万円になるのはわかっていますが

これは我が家の家計にとってはかなり高いハードルで25年間そのハードルを失敗せずに走り続けることは無理です。

そこで何らかの資産運用をして60歳で金融資産5000万円まで増やします。

ローリスク、ミドルリスク、ハイリスクの3つのパターンを考えてみました

ローリスク

年利2.5%の運用をベースに考えると

月に約12万円積立、年間ですと約144万円ほど積立を行う必要があります。

ミドルリスク

年利5%の運用をベースに考えると

月に約8.4万円積立、年間ですと約100万円ほど積立を行う必要があります。

ハイリスク

年利8%の運用をベースに考えると

月に約5.25万円積立、年間ですと約63万円ほど積立を行う必要があります。

3つのパターンを示しましたがローリスクのパターンでもかなり節約をすれば可能ですが、無理な節約生活を25年間も続けられません。

そうなるとミドルリスクorハイリスクなりますが、ハイリスクは精神衛生上よくないような商品に投資しないといけない可能性がかなり高いので

現実的な事を考えるとミドルリスクぐらいの運用を考えていく必要があるようです。

2020年の投資方針は

基本的には昨年と変わらずの予定ですが・・・生活に大きな変化が訪れ家計の状況が予想できません。

昨年の積み立てのペースは

  • 積立NISAを毎週買い付けし年間で約40万円積立
  • 積立FXで毎月約1万円
  • ウェルスナビ(ロボアド投資)は毎月1万+ボーナス月は+2万

まとめると

金融商品年間積立額
積立NISA約40万
積立FX約12万
ウェルスナビ16万
合計約68万

月に約5.67万円ほど積み立てていることになります。

ミドルリスクの年間100万円に近づけるのはパートナーに積立NISA口座を開設させて積立NISAでインデックス系の投信を積み立てるのがベターなような気がします。

それが無理なら楽天証券で月3万円ほどインデックス系の投信をカード払いで積み立てるのが次の選択肢になります。

大事なことを忘れていました。

個別株を適宜売却し、個別株などは触れないようにします。

来年の年始に個別株が残っている状況なら塩漬けされている物だと思ってください。

2020年1月1日の金融資産の状況

SBI証券口座

SBI証券口座は年始の開始が約150万円になるように入金しました。

積立NISA

SBI証券内のつみたてNISAは含み益が約11.6%と好調に推移しています。

積立FX

毎月1万積立と書いていますが、年末に次の年の保証金をいれていますので元本は56万円となっています。

FX自動売買

これはあるブログの影響で2018年12月の下旬から始めましたのでまだまだ期間が短いのでこれからどうなっていくか楽しみです。

元本30万円で1月1日は+約3万円でしたが現在は±0円ぐらいです

ウェルスナビ

ウェルスナビは投資知識が無くても始められる資産運用サービスです。

2017年6月に30万円入金し、それから39万円ほど積み立てています。現状プラスになっていますがまだまだ先が長いので淡々と積み立てます

運用期間が2047年7月までの予定とまだまだ先が長いので、粛々と積み立てていきます。

ウェルスナビのメリット、デメリットについて私が詳しくまとめた記事はこちら

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

クラウドバンク

クラウドバンクは資産運用をしたい個人と資金調達をしたい国内外の企業をマッチングする融資型クラウドファンディングサービスです。インターネットを活用することで小口資金を集約して大口化します。(引用:クラウドバンク)

こちらは2017年7月頃より運用を始めトータルの投資金額を100万まで増やしました。当面は投資金額は増やさず運用していくつもりです。


2020年1月1日の金融資産の元本と評価額

2020年1月1日時点では証券口座以外+です。証券口座でつみたてNISAで+で証券口座がマイナスという事は個別株が足を引っ張ている状況ですので早めに売却したい。

まとめ

これからの投資の目標は25年後に金融資産5000万円を目標にたんたんと積み立てていく。

2020年の目標としては積立額を増やし、25年後の目標を達成できるようにすることと個別株の売却です。

1月1日時点では経済の状況が良いようでしたが、アメリカとイランの状況次第では経済も落ち込むかもしれませんがたんたんと積み立てるだけです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする