番外編一覧

家をとことん安く建てるには?

今回は・・・家を安く建てる方法を考えてみます。パッと思いついたものを書きますのであんまりおすすめできない方法もありますが、とりあえず安くするための方法を書いていきます。今回の記事は家をなるべく安く建てたい人向けの内容になっております。なおランニングコストなどのことは一切考えておりません

坪単価を知る前に自分の払える金額を知ろう

見学会や、住宅展示場や、チラシなどでは、坪単価が書かれていたり、聞いたりしますよね。坪単価は切り取りかたでかなりの差が出てくることがあります。そこでまず、自分が35年間無理なく払える金額考えてください。自分が考えれないようなら家を売る側やお金を貸す側ではないFPさんにしっかりライフプランニングしてもらいましょう。

【永遠の論争?】賃貸と持ち家はどちらがお得?

賃貸と持ち家にかかる生涯コストを比較した場合、老後にどちらが得をするのかという観点から考えると持ち家の資産価値次第ということになります。ただし、住居費は住む家によって大きくかわるものであり、将来的な住居費の支払い期間も不確定です。ライフスタイルや価値観など各家族によってさまざまなので、精神的な側面や生活面での安心感なども十二分に考えて選択することが大切でしょう。

時短のためには動線も大事

動線をしっかり考えることで、生活しやすく時短な間取りを決めることができます。どの動線も大事ですが特に家事動線と生活動線はしっかりと考えてください。動線を綺麗に整理することで、無駄な移動が減り、家事の時短にもつながります

FPも真っ青『100年のおさいふ』でライフプランをシミュレーションしてみた

今回は『100年のおさいふ』でライフプランをシミュレーションしてみた。実際に使用したみると、老後の費用や家や教育費用にどれぐらいお金がかかるか可視化されて非常にわかりやすい。入力項目は少なくはないですが、ある程度詳細なシミュレーションを行うためにはこれぐらい必要。