WEB内覧会⑦ リビング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちは

フミです。

このブログを初めて読む人で

家作りの軌跡を最初から読みたい

書いてる人を知りたい

WEB内覧会7回目です。

今日はリビングです。

わかりやすいように図面も載せておきます。今回は図面の赤で囲んだ部分の紹介です。

スポンサーリンク

リビング

←①方向からの写真です。

エコカラット

エコカラットはデザインパッケージを採用しました。

デザインパッケージは知らない方も多いかと思いますがお好みのスタイルをパッケージとして売り出しているものです。3シリーズ全74種類の豊富なラインナップから選ぶことができます。

その中のスタイリングシリーズのナチュラルライトベージュの5㎡の物を採用しました。

また現場打ち合わせではエコカラットの高さと家具の高さを合わせなるべく隙間がないようにしました。

さらに合わせたつもりはないのですがカーテンレールとエコカラットの上端の高さがあっています。

デザインパッケージのメリットは、自分でデザインを考えなくても綺麗に見えることと、材料に無駄がでず、コストが安価になりやすい事ですかね。

床はパナソニックの複合フローリングです。無垢なども考えましたがメンテナンス性を考慮し複合フローリングに決定しました。

詳しい話はこちら

無垢フローリング、複合フローリング、それぞれにメリット、デメリットがあります。どちらか一方だけを見るのではなく、よりメリットを感じるのはどちらかを考えてください。また面積が大きく、選ぶものによってかなり印象が変わりますので、家具や壁紙とのバランスも考慮して最適な床材を選びましょう。

製品としてはパナソニックのメープル色の突板の製品を貼っています。

リビングの間取り

↑②方向からの写真です。

普通の在来工法だと、耐震等級3で柱をこんなになくすことは難しいです。無くせれたとしてもコストがかなりかかります。

普通の在来工法では柱から柱まで2間(約3.6m)以内が一般的です。しかしパナソニックのテクノストラクチャー工法ではそれ以上のスパンがあっても耐震等級3を達成できます。

柱を少なくすることで開放感が出しやすいです。開放感とか広く見せることは内装やインテリアやライティングで柱があってもできます。しかし、私(達)にはそんな難しいことができそうになかったので間取りで解決しようとしました。

ソファからの見え方

このような見え方になります。

左側の掃き出し窓から冬はしっかり日射取得ができます。夏の日射遮蔽はできてませんのでエアコンを24時間連続稼働で全館冷房に近い形にしています。

白とメープル色と緑でナチュラルな部屋に仕上がっていると勝手に納得しています。

まとめ

家創りだけではありませんが、苦手な物は無理して自分で考えなくても、既製品やプロに任せるのも一つの手です。

得意なことに関しては自分で考えた方が楽しいと思います。

間取りの失敗は自分やパートナーの生活をしっかりイメージすることでかなり減らせますのでしっかり考えて間取りを作って下さい

みんなが公開しているWEB内覧会の記事を見てみる

↓   ↓

WEB内覧会<総合>

WEB内覧会*リビング

WEB内覧会*ダイニング

WEB内覧会*お風呂

WEB内覧会*外構

WEB内覧会*トイレ

WEB内覧会*子供部屋

WEB内覧会*洗面所

WEB内覧会*キッチン

WEB内覧会*寝室

WEB内覧会*玄関

WEB内覧会<和室>

↑   ↑

みなさんのWEB内覧会をみていいなと思ったところ採用して理想のマイホームを手に入れよう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする