瀬戸内島めぐり 小豆島

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

みなさん、こんにちは

フミです。

そろそろ暖かくなってきたので瀬戸内の島を紹介します。

私は、一応瀬戸内国際芸術祭が行われている島すべて訪ねました。

2016年のパスポート載せときますね

直島と粟島は2013年にいってます

今回は小豆島を紹介します

小豆島は、瀬戸内国際芸術祭なくても見どころは沢山あります。

瀬戸内国際芸術祭もしくは

会期中ではない時の瀬戸内の島を訪れる時の注意点

1.作品が鑑賞できるか公式なホームページなどで確認しよう

貼っときますね

瀬戸内国際芸術祭は、3年に1度、瀬戸内海の12の島と2つの港を舞台に開催される現代アートの祭典です。2019年は4月26日開幕。

2.島の人や、来島者同士挨拶しましょう

お互いの気分を考えてください。

3.ゴミは必ず、持ち帰ろう

島の中で処理できるごみは限られてます。美しい景色を大事にしてね。

4.マナーを守って鑑賞しよう

大声で騒いだり、勝手に民家に侵入したり、撮影禁止のアートの撮影をしたり

もちろん、その島で普通の生活を送っている島民に迷惑をかけるなんてもってのほかです。

5.交通ルールを守ろう

島民の生活道でもあるので、通行の妨げにならないようにね

6.帰りの船の時刻を常に意識しよう。

最終便を逃すと、翌朝まで島からでる交通手段がなくなります。さらに宿泊施設も限りがありますので最悪野宿なんてこともありますので、計画的に行動を

7.天候に合わせて行動しよう。

帽子や折り畳み傘など準備して、天候の急変があっても対応できるようにしましょう。

秋は、夕方になると急激に冷えたり、風が強くなったりするので上着もあった方がいいと思います。

島には、飲食店や自動販売機が限られてますので飲み物は持参し、食事はなるべく予約した方がいいと思います。

8.トイレは見つけたら済ませましょう

島では使用可能なトイレは限られていますので、できればフェリー内や港で済ませましょう。

9.島への自家用車の乗り入れは控えましょう

島民の事を考えてくださいね。普段は静かな島ばかりなので。小豆島はほかの島と違って広いのでOKみたいです。

スポンサーリンク

1.小豆島とは

瀬戸内海で2番目に大きな島です。ちなみに一番大きい島は淡路島です。かつて多くの農家が、果物や生花を育て、漁業や石切などを兼業し、冬はそうめんをつくっていました。地中海に似た気候なのこともあり、日本で初めてオリーブ栽培に成功したようです。そうめんやオリーブの他には醤油やゴマ油なども有名です。また『二十四の瞳』のロケ地としても有名です。

2.アクセス

高松駅までそれぞれの方法できてください。

高松駅

↓ 徒歩10分

高松港

↓ フェリーで約1時間 大人690円 高速船で約35分 大人1170円

小豆島(土庄港)

3.モデルコース

島が広いためすべて回ろうと思う人は最低2日できれば3日にわけてください。

今回は一日に無理やり詰め込んだモデルコースを紹介します

土庄港

↓ バス約5分または徒歩約25分

土庄本町

↓ バス約10分

肥土山・中山

↓ バス約15分

池田港近く

↓ バス約15分

草壁港

↓ バス約10分

醤の郷

↓ バス約10分

坂手周辺

↓ バス約30分

福田

↓ バス約20分

大部港周辺

↓ バス30分

土庄港

このモデルコースで約10~12時間かかります。

他にも三都半島の作品を巡る場合はレンタカーで+2~3時間かかります。田浦半島の作品を巡るには+1.5時間ぐらいかかります。

瀬戸芸メインでないモデルコースはこちらを参考にしてみてもいいかもしれません。

小豆島の観光案内。観光施設・飲食店・お土産・宿泊施設など、小豆島の情報満載。

4.私の場合

高松港まで自家用車で行き、フェリーに車を載せ、一泊二日の弾丸ツアーでした。

夏の暑い時期でしたので・・・暑すぎて疲れました。なのでおススメの時期は春か秋です。

9時発のフェリーで10時ごろ土庄港につきました。

一泊し2日間で回れるだけまわりました

5.まとめ

お一人様はバスの利用がコスト的にはいいと思います。二人以上だとレンタカーで自分たちのペースでまわってもいいと思います。一泊二日や二泊三日で見て回る方はレンタカーより自家用車をフェリーに載せて島内を移動する方がコストを安く抑えられます。

また瀬戸芸とは関係ない寒霞渓、エンジェルロード、映画村などもあります。

あと宝生院のシンパクもありますね

他にも中山の千枚田なども有名です

いくらかかるの?

高松駅までの交通費

+

フェリー往復 690円×2または1170円×2

バスのフリー乗車券 一日券1000円

+

昼食代

日帰りで高松駅までの交通費をのぞけば3000~5000円ぐらいで楽しめると思います。

時間は?

高松駅からの時間を書きます。

島までの移動時間往復で1時間30分~2時間20分

島での滞在時間は10~12時間

合計で約11~14時間です

船酔いは?

35分~1時間かかるので、船酔いが心配な方はあらかじめ酔い止めを飲みましょう。大きな船貯めあまりゆれませんが酔う人は酔います。

食事は?

3万人ほど人口がいますので、飲食店はけっこうありますので心配しなくていいと思いますが、ぜひ行きたいと思う場所がある場合は、事前に営業日や営業時間を確認しましょう。またコンビニもありますので食事の心配はいりません。

ネコは?

いますが・・・他にもいろいろ楽しめますのでほどほどに

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする