本日は世界禁煙デー【タバコには害ばっかし】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさんこんにちは

フミです。

5/31は世界禁煙デーですのでタバコの害について書いてみます。

放射線技師なので、人の胸部のレントゲン写真ばっかり撮っています。

年をとってもきれいな肺をしている人もいれば、かなりきたない肺をしている人もいます。

実際のレントゲンじゃない肺の写真の比較が載っているサイトはこちら

タバコなどで肺の機能が落ちると、一生携帯酸素ボンベが手放せなくなることもあります。

みなさんそんなの嫌ですよね。

スポンサーリンク

世界禁煙デーってなんだ?

世界禁煙デーはWHO (世界保健機関)が制定した禁煙を推進するための記念日です。1987年の決議により、1988年4月7日を「第1回世界禁煙デー」としました。同年に毎年5月31日とすることが定められ、1989年以降毎年5月31日が世界禁煙デーとなりました。

タバコの害ってなんだ?

今ではタバコが身体によくないことは多くの人が知っています。みなさんはタバコの実態や具体的な健康被害まで理解しているでしょうか? 知っていればタバコを吸おうなんて絶対思わないはずです。

タバコに含まれている危険物質は多い

タバコの危険物質で有名なのはニコチンやタールや一酸化炭素です。しかしタバコの煙には、200種類以上の有害物質が含まれています。さらに70種類以上の発がん性物質が含まれており、肺がんなどのがんを引き起こすほか、受動喫煙のリスクも高まります。

タバコで余命が短くなる

タバコを吸うか吸わないかで、なんと余命が10年も短くなるという調査結果も出ています。禁煙を始めるタイミングが若ければ若いほど余命を延ばせることがわかっていますが、中高年になっても決して遅いということはありません。

受動喫煙による健康被害

自分の意思と関係なくタバコの煙を吸い込んでしまう「受動喫煙」は、タバコを吸わない人を様々な疾患の危険にさらします。さらに、子どもにいたっては、胎児のときから健康被害を受けています。

タバコはがんの原因に・・・

日本の研究ではガンになった人のうち、タバコが原因と考えられる人が男性で30%、女性で5%だそうです。さらにガンによる死亡のうち、男性で34%、女性で6%はタバコが原因だと考えられています。

タバコと関連性が認められているガン

国際がん研究機関(IARC)の2012年の報告によると、喫煙との関連が確実ながんとして、口腔・鼻咽頭・副鼻腔・喉頭・肺・食道・胃・膵臓・大腸・肝臓・腎臓・尿管・膀胱・子宮頚部・卵巣・骨髄性白血病があげられています。

タバコのよるガン以外の体に与える影響

タバコにはガン以外にも体に悪影響を起こす可能性があります。関連が確実なものとして、脳卒中、ニコチン依存症、歯周病、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、呼吸機能低下、虚血性心疾患、腹部大動脈瘤、末梢性動脈硬化、2型糖尿病の発症、早産、低出生体重、胎児発育遅延などの可能性が高まります。

(引用:厚生労働省「喫煙と健康 喫煙の健康影響に関する検討会報告書」より)

タバコをやめれば健康に?

やめないより、もちろんやめた方が健康になります。

禁煙してから約10年後には、タバコを吸っている人より肺がんのリスクは約半分まで低下し、そのほかのガンのリスクも低下することが報告されています。

タバコを吸う人は、吸わない人に比べ余命が10年短くなるという報告があります。ただし35歳より前に禁煙を始めると、タバコによる死亡リスクの増加を回避できることも報告されています。禁煙することによって日常生活動作の低下や認知症の発症リスクが上昇することも示唆されています。

つまり禁煙をすれば健康に長生きすることができます。

さらにタバコの購入費用がかからないことや、医療費なども抑えられ金銭的にもメリットがあります。

そして周りの人の受動喫煙させないなど沢山のメリットが禁煙にはあります。

まとめ

タバコには多くの害があります。

禁煙すれば健康に長生きすることができ、医療費なども抑えることができ、周りの人に受動喫煙をさせないなど多くのメリットがあります。

今からでも遅くはありません。今吸っている人は未来の自分のためにタバコやめませんか?今からでも余命は伸びます。

自分の力だけではやめられないと思う人は禁煙外来の利用も考えてください。

もっと詳しくわかりやす知りたい方はこちら(喫煙と健康 厚生労働省喫煙の健康影響に関する検討会報告書(平成28年8月)の概要を知りたい人のために(PDF))を見てください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする