貯金ができない人がまずやるべきたった3つの事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

みなさんこんにちは

フミです。

今回は今現在貯金が全くできていない、もしくはほんの少ししか貯金できてない人がまずやるべきたった3つの事を紹介します。

貯金したいけどどのようにすればお金を貯めれるかわからない。まず何をすればいいのかわからない。ちまたに情報が溢れすぎて何をしていいかわからない。

そんな人はまず

  1. お金の使い方を計画的にする
  2. 使わずに残ったお金をしっかり貯める
  3. 貯金の仕組みを作る

たったこの3つの事をするだけで貯金ができるようになります。

スポンサーリンク

お金の使い方を計画的にする

一番大事なことは、お金を計画的に使うという事です。

決して節約と言う意味ではありません。

必要な物にはお金は使っていいですが、無駄遣いをしないという事です。

いろいろな方法がありますがこれが一番確実です。

これができないと年収が1000万あったとしてもあるだけお金を使い、さらには借金までして物かう人もいます。

買いたい物があれば、できれば計画的にお金を貯めて買うか、本当に買いたいものなのか少し時間をおいて考えてみるといいでしょう。時間をおいても買いたければきっと本当に買いたいものですので。

本当に欲しいものならば、計画的にお金を貯めてでも買います。これができるようになるだけでかなり貯めることができるようになります。

使わずに残ったお金をしっかり貯める

1ヶ月なり、1年なり生活していると、お金の使い方を計画的にするとある程度お金が残ってくると思います。

そこでまだ使えるお金があるんだと思い、必要性が低いものを衝動買いをしてしまう人はお金がたまりません。

残った現金を持ち歩いていると意志が弱い人だと何か買ってしまう恐れがあるので、すぐにおろせない場所に貯金してしまうのが大事です。

となるととりあえずは定期預金でいいと思います。

普通預金に比べて定期預金の方がお金を引き出すハードルは上がりますし、金利もほんの少しだけよいからです。

貯金の仕組みを作る

うえの2つ事ができれば次のステップの貯金の仕組みを作れば飛躍的に貯金しやすくなります。

うえの2つを簡単にまとめると、計画的にお金を使いその残ったお金を貯めましょうと事なんですが順番を反対にするのです。

給料を貰ったらすぐに貯金し、残りのお金で生活するようにするのです。

つまり先取り貯金です。

普通預金にお金を貯めているとちょっとしたことでお金を引き出してしまう可能性が高いので、意志の弱い人は自動積立てなどを給料日のすぐ後に設定してしまえば貯金の仕組みができます。

まとめ

この3つの事が実行できればお金を貯めることができるでしょう。

ある程度お金が貯まれば資産運用なども考えてみてもいいかもしれません。

収入が少なく少ししかお金が貯めれてない人や、収入が不安定な人は資産運用などははじめない方がいいかもしれません。資産運用にはリスクがつきものですので。

できればうえの3つすべてをやってほしいのですが、できなければお金の使い方を計画的にするだけでもかなり違いますので実践してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする