小さな違和感を大切に・・・そして大事になる前に対処を

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

みなさん

こんにちはフミです。

今回は小さな違和感を大切にし大事になる前に対処しましょうと言う話です。

なにがあったかと言いますと車がなんとパンクしていました。

正確にはわかりませんが一ヵ月前ぐらいからおかしかったのではないかと予想されます。

スポンサーリンク

どうしてパンクだとわかったか?

私が乗っているマツダの車ではタイヤ空気圧警報システムというシステムが搭載されています。

タイヤ空気圧警報システムは、タイヤ空気圧をモニターし、空気圧が規定値以下になったとき、メーター内のタイヤ空気圧警告灯を点灯させると同時に、警報チャイムで運転者に警告するシステムです。(参照元:マツダHP

このシステムが一ヵ月以内に2度も作動したのです。

それも一回目は高速道路走行中でした。少し眠たかったのですが眠気もふっとびました。

そして二回目が作動し、さすがにヤバいと思いディーラーに点検してもらうと

なんと・・・

パンク

していました。

3~4cmぐらいの錆びたくぎが刺さっているようでした。

高速道路走行中にパンクからバーストに進化していたら、もしかしたら今この世にいなかったかもしれません。

パンクの修理代は?

幸いなことに修理できる位置に釘が刺さっていたので修理をしてもらうと

なんと

修理代は

1620円とかなり安かったです。

安いけどきっとディーラーなので大丈夫?なはず。

値段から考えると外面修理?なのかなそれともディーラーなので内面修理なのかわかりませんが下手に素人がやるよりは断然マシだと思います。

パンクの修理の時間は?

お店が混んでいない時なら30分以内で終わることがほとんどだそうです。

ディーラーなら何か飲み物も出してくれますのであっという間に修理完了です。

パンクしたまま走るとどうなる?

パンクしたまま一ヵ月近く走っていたのですがまったく気づきませんでした。

今回は運よく軽度のパンクだったようであまり空気も抜けず違和感もなく気付きませんでした。(鈍感なだけかも)

ある程度空気が抜けるパンクだと異音がしたり、ハンドルが重くなったりするようです。

そしてタイヤの空気が抜けたまま走ると・・・バーストしてしまう可能性もあります。

ホイールも痛めてホイールごと交換なんて事にもなります。

まとめ

今回は幸いにも大事にはなりませんでしたが、小さな違和感を感じることができればもっと早く気付くことができたかもしれません。

タイヤの軽度のパンクの修理は、素人でも行うことができますが、できればプロに修理してもらいましょう。

ディーラーで修理してもらっても軽度のパンクなら3000円以内で時間も一時間以内に終わるメーカーがほとんどです。

ちゃんと修理できていなくて、事故などを起こして他人に迷惑をかけてしまう可能性はなるべく下げましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする