【四国の道の駅】愛媛編 みしょうMIC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちは

フミです。

このブログを初めて読む人で

もっと四国の事を知ってほしいので四国にある道の駅を紹介します。

四国四県にもそれぞれ魅力がある道の駅があり、温泉で賑わうところや、海の幸や山の幸のグルメで賑わうところもあります。また道の駅のスタンプラリーもあります。現在、四国には87カ所道の駅があります。四国88カ所にかけてあと1カ所作ってもいいかもしれませんね。

今回紹介するのは愛媛にある道の駅みしょうMICです。

スポンサーリンク

みしょうMIC

黒潮洗う宇和海で獲れる新鮮な海産物や果汁たっぷりの柑橘類等の特産品が人気。近くでは、年中、磯釣り、ウインドサーフィン、スキューバダイビングなどアウトドア中心の気軽なレジャースポットとして人気を集めています。

施設

営業時間定休日電話番号
みしょうMIC7:00~19:00年中無休0895721115
アンベール(軽食)8:00~21:00第一、第三水曜

駐車場

普通車 30台

大型車 3台

EV充電 ?

イベント

春と秋・・・トレッキング・ザ・空海あいなん

5月末頃・・・ぎゅぎゅっと愛南 夏の陣

アクセス

松山駅から約130キロあり高速を利用すると車で約130分、高速を利用しないと約160分ほどかかります。

住所:愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城4296-1

おすすめ

愛南ゴールド(河内晩柑)

愛南町は河内晩柑の生産量が日本一です。特徴的なのは、樹上で12-15ヶ月間実らせることで、味は甘さと酸味を備えています。愛南ゴールドを使ったジュースやドレッシングやソフトクリームもあります。

周辺観光

・宇和海展望タワー

馬瀬山頂にそびえる回転昇降式展望タワーです。 展望室がゆるやかに回り、乗っているだけで360度パノラマが目の前に展開します。すぐそばに無料の子供動物園もあります。

・紫電改展示館

昭和53年11月、愛媛県南宇和郡城辺町久良湾の海底40mに原型のまま沈んでいるのが地元ダイバーによって発見され、翌年7月14日実に34年ぶりに引き揚げられました。紫電改はゼロ戦に代わる新鋭機として終戦間近に開発され、海軍のもっとも優れた戦闘機だったと言われています。

私が紫電改展示館についてまとめた記事はこちら

愛媛県南宇和郡城辺町久良湾の海底から引き揚げられた紫電改は、愛媛県愛南町にある宇和海展望タワーのある馬瀬山山頂の紫電改展示館に恒久平和を願うシンボルとして展示されています。日本で唯一現存する紫電改を見れば何か感じるものがあると思います。

・高茂岬

愛媛県の最南端に位置し、 100メートルを超える断崖が続く高茂岬(こうもみさき)。辺りには亜熱帯植物が一面に茂っており、豊かな緑に囲まれています。ただし道中の道は蛇行していますので酔いやすい人は酔い止めの準備を

詳しくはこちらを読んでください

今回は愛媛の最南端に位置し100mを超える断崖が続く『高茂岬』を紹介します。愛媛の岬と言えばほとんどの人は佐田岬の事を思い浮かべると思いますが、『高茂岬』も絶景を堪能できます。おすすめの時間帯は夕日が見える時間帯とノジギクが開花する11月頃です。

なかなか道の駅だけのために遠出することはないと思いますが、近くに用事がある場合立ち寄ってみても面白いと思います。また物産センターでは新鮮な野菜が驚くほど安い値段で売られていることもあります。柑橘系の物や魚介類も豊富に売られています。

またもっと詳しくみしょうMICについて知りたい方はこちらを見てください。

今日はこのへんでフミでした

スポンサーリンク
おすすめ記事

おすすめ記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする