【外構】我が家にカーポートが必要な理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちは

フミです。

このブログを初めて読む人で

今回は我が家にカーポートが必要だった理由書きたいと思います。

一番大きな理由は、車をとめるであろう場所の上空に高圧電線があり、そこに鳥などがとまることによる糞害の可能性があったからです。

車を守るためだけに何十万もだすのはもったいないと思われるかもしれませんがメリットもあります。

スポンサーリンク

カーポートのメリット、デメリット

まずカーポートのメリットとデメリットを紹介します。

メリット

①雨の日濡れずに乗り降りすることができる

雨の日の乗り降りがかなり楽になります。

荷物の出し入れなども傘を差しながらする必要がなくなるのは楽です。

②鳥のフンや雹などの上空からの落下物を防げる

これが私がカーポートを設置した一番の理由です。

上空からの雨や鳥のフンなどから車を守ってくれます。カーポートあるなしではかなり汚れ具合も違います。

ガソリンスタンドで働いている友人の話では、車の塗装の痛みやコーティングの持ちがかなり違うそうです。なので洗車の回数などが抑えられます。

③夏場でも車内の温度上昇がしにくい

夏場にカーポートや屋根がある駐車場と、直接日が当たる所にとめるのでは車内の温度はかなり差があります。

家ではカーポートがあり、そんなに熱くはないのですが、職場では直接日に当たる場所にとめないといけないので帰宅するときの車は地獄です。

④冬場に霜が降りなくなる。

カーポートを設置していると冬場になると車に霜が降りて、すぐに出発できないなんてことはまずありません。

雪などが降る地域では雪が積もっていること心配しなくても大丈夫です。

実際の冬場の写真を見てみるとカーポートがある我が家の車は霜が降りていませんが、お隣さんの車にはしっかり霜がおりています。

ちょっと考えただけでもかなりメリットがありますね。

車にも優しく、時間の短縮などにもなりますね。

デメリット

①柱が邪魔になる

屋根を支えるためにどうしても柱が必要になります。

考えて設置しないと、人が通るスペースがなくなったり、大きな車に買い替えた時に入らないなんてことも置きます。

そして注意して駐車しないと柱にぶつかったり、ドアを開けた時に柱がぶつかってしまうことがありますが、毎日駐車するのでこの二つはすぐに慣れます。

②開放感がなくなる

カーポートの屋根により、開放感は無くなってしまいます。

家の窓が近い場合などは気になるかもしれませんが、そのうち慣れますし。ずっと窓から外を見ているわけではないのであまり気にならないと思います。

③外観がすっきりしない

家の敷地の中でカーポートが家の正面に来る場合が多いと思いますが、カーポートが無い方がすっきり見えます。

最近はデザイン性が良いものもかなり出てきていますのでいろいろ商品を見てください。

④設置費用がかかる

当たり前ですが設置費用がかかります。

土間コン+カーポートを考えてると最低でも20~30万円は必要だと考えておいてください。

⑤強風や台風時に屋根が飛んだり倒れることも

最近のものはそう簡単には、屋根が飛んだり倒れたりしませんが、10年に一度来るか来ないかのような超大型台風などの強風で壊れることもあります。

きちんと火災保険の風災に入っていれば、ほとんどの場合はまかなえるのでそんなに心配しないでも大丈夫です。

デメリットもいろいろあげましたが設置費用がかかること以外はある程度対策はできます。

カーポートをオススメする理由

上記のようにメリットが多くあり、デメリットも対策することでほとんど解消されます。

毎日の生活で活躍してくれますし、夏場や冬場は快適性を得られや時短にもつながります。

外構計画は間取りの作成時から考えておくことが大事

外構計画は間取りの作成時から考えておくことが大事です。

土地が広い場合はどうにかなりますが、土地が狭い場合は間取りを作成するときから考えていないとカーポートが設置できなかったり、設置できたとしてもデメリットを解消できるような配置にできなかったりなんてことにつながります。

まとめ

お金もかかる事なんで絶対設置しろとはいいませんが、あった方が便利だなと言うのが実際の感想です。

カーポートを設置するのならデメリットをなるべく減らすために土地選びや、ゾーニング、間取りの作成などを十分考慮してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする