瀬戸内島めぐり 神の島とも言われる『大三島』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

みなさん、こんにちは

フミです。

今回は「神の島」、「国宝がある島」とも言われる愛媛の今治市にある大三島を紹介します。

大三島は今ではしまなみ海道ができサイクリングのメッカとも言われています。美しい海と島を眺めながら自転車を走らせることができるしまなみ海道は世界7大サイクリングコースにも選ばれています。(CNNが認定)

しまなみ海道には今治から尾道の間に数々の島が横たわりますが、中でも最大の見所スポットが大三島です。

スポンサーリンク

大三島とは

愛媛県今治市に属する芸予諸島の中の1つの有人島。愛媛県の最北に位置し、同県に属する島の中では最大である。大山祇神社がある「神の島」として知られている。

大三島は島とついているが、地理上の島に由来するわけではなく、各地にある「三島」と由来を同じくする。かつて、三島神社の総本社である大山祇神社のことを「大三島」と呼んでおり、後にそれが島全体を指す様になった。

(参照元:wikipedia)

大三島へのアクセス

しまなみ海道の道中にありますので愛媛側からのアクセスと広島側からのアクセスがあります。

愛媛方面から大三島へのアクセス

今治北ICから大三島ICまで約25キロあり、車で約20分で着きます。

広島方面から大三島へのアクセス

西瀬戸尾道ICから大三島ICまで約30キロあり、車で約25分で着きます。

大三島の観光

大三島の観光エリアは大きく分けると3つのエリアに分けることができます。

一つ目がサイクリストの聖地や道の駅、展望台などがある多々羅エリア。

二つ目が神の島の由来にもなり、多数の国宝を所有する大山祇神社のあるエリア。

三つ目はあまりしられていませんが大三島の西側にあるアートエリアです。

大三島の多々羅エリア

しまなみ海道の大三島インターチェンジを降りてすぐにあるのが多々羅エリアです。

道の駅今治市多々羅しまなみ公園を中心に多々羅展望台、村上三島記念館、多々羅海水浴場やキャンプ場などが集中しています。

道の駅では幻の高級魚マハタを食べることもできます。

道の駅今治市多々羅しまなみ公園について詳しく知りたい方はこちら

しまなみ海道大三島ICからすぐの場所にあり、国内最長の斜張橋である多々羅大橋を臨むロケーションです。マハタ料理やひらめ料理が名物。「サイクリストの聖地記念碑」や「しあわせの鐘」でも有名です。

大三島の大山祇神社のあるエリア

大三島と言えば大山祇神社が一番有名です。多々羅エリアからは車で約10分で着きます。

大山祇神社は日本全国の三島神社の総本社として知られ、古来から敬われてきた神社です。

歴史の上では山の神・海の神・戦いの神として尊崇され、歴史上の多くの人物たちが、自らの武運長久を祈願し多数の武具を奉納したとされています。

境内には国の天然記念物「大山祇神社のクスノキ群」がある。

また近くにはリーズナブルな海鮮丼で有名な大漁や天然のイノシシを素材として用いている猪骨ラーメンもあります。

海鮮丼で有名な大漁について詳しく書いている記事はこちら

この大山祇神社の近くにも道の駅しまなみの駅御島があります詳しく書いている記事はこちら

大三島の西側にあるアートエリア

大三島の西側にはところミュージアム大三島と今治市伊東豊雄建築ミュージアムと今治市岩田健母と子のミュージアムの三つのミュージアムがあります。

ぞれぞれの施設でお金を払うより3館チケットなんてお得な物がありますので是非そちらを利用してみてはいかがでしょうか。あと大三島美術館と村上三島記念館も一緒に見て回れる5館チケットもあります。

3館チケット[販売価格]
一般1,000円(通常1,400円)
学生500円(通常700円)
※他の割引との併用はできません。
[対象施設]
ところミュージアム大三島
伊東豊雄建築ミュージアム
岩田健母と子のミュージアム
※各施設にて販売しています。

ところミュージアム大三島

実業家の所敦夫氏が寄付によって開設した美術館です。こちらは美術作品だけではなく館内にあるオープンテラスを利用することもでき、瀬戸内海の絶景を堪能できます。

場所住所:愛媛県今治市大三島町浦戸2362−3
営業時間9:00~17:00
休館日月曜日(祝日の場合は原則翌日振替)
※年末(12/27~12/31)
観覧料一般:300円 学生:150
※団体(20名以上)、65歳以上は2割引
※高校生以下または18歳未満無料

今治市伊東豊雄建築ミュージアム

建築家である伊東豊雄氏の作品が展示してある美術館で、ところミュージアムを寄贈した所敦夫氏が伊東豊雄氏に作ることを提案してできたと言われています。こちらからも美しい瀬戸内海の景色を堪能することができます。

場所住所:愛媛県今治市大三島町浦戸2418
営業時間9:00~17:00
休館日月曜日(祝日の場合は原則翌日振替)
※年末(12/27~12/31)
観覧料一般:800円 学生:400
※団体(20名以上)、65歳以上は2割引
※高校生以下または18歳未満無料
※障がい者とその介助者1名無料

今治市岩田健母と子のミュージアム

今治市伊東豊雄建築ミュージアムの伊東豊雄氏が設計した美術館で、「母と子」を主な題材にした岩田健氏の作品が展示されています。

場所住所:愛媛県今治市大三島町宗方5208-2
営業時間9:00~17:00
休館日月曜日(祝日の場合は原則翌日振替)
※年末(12/27~12/31)
観覧料一般:300円 学生:150
※団体(20名以上)、65歳以上は2割引
※高校生以下または18歳未満無料
※障がい者とその介助者1名無料

香川で3年に一度開かれている瀬戸内国際芸術祭にはかないませんが、こちらはフェリーなどを使用せずにいけます。ですので大三島に行った際はここも訪れてみてはいかがでしょうか?

瀬戸内国際芸術祭について詳しく知りたい方はこちら

美しい海と自然の恵みに溢れる瀬戸内海には大小700余りの島があります。比較的温暖ですがどの島でも人口減少が進み、高齢化訪れ、徐々に活力が失われてきています。まるで日本の縮図を見てるようではありませんか?そんな島々に元気と笑顔を取り戻そうと2010年から始まり、3年に一度の開催ですが、回を重ねるごとに参加する島も増えています。そこで今回は、瀬戸内国際芸術祭2019のお得な楽しみ方を紹介しています。

まとめ

大三島ではサイクリングから歴史、食事、文化、アートまで楽しめる島です。

しまなみ海道を通る時は是非立ち寄ってほしい島です。

瀬戸内の島でアクセスが悪いのではと思っている人もいるかもしれませんが本州の尾道から約30分、四国の今治から約20分とあまり時間がかかりませんので是非訪れてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする