【健康診断】動脈硬化予備軍のようだ・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

こんにちはフミです。

今日は職場の健康診断の血液検査の結果昨年同様・・・動脈硬化予備軍でした。

昨年も書いているのですが自分を律するために今年も書きます。

どの項目をみて動脈硬化予備軍だと書いているかというとLH比です。

昨年と同様に正常値2以下の所、3でした。

昨年もLH比の事を書きましたが今年もLH比の説明から書きます。

スポンサーリンク

LH比とは

LDL(悪玉)コレステロールとHDL(善玉)コレステロールがあり、LDLは低く、HDLは高いほうが健康的なことがわかっています。また、最近の研究でLDLをHDLで割った「LH比」が重要なことがわかってきました。

LH比による新指標を提唱する東京医科歯科大学教授の吉田雅幸氏によれば、「2.5」以上は要注意で対策が必要となる。冠動脈疾患の経験がある人や、糖尿病・高血圧の人は1.5以下が目標値らしいです。

2.5以上が要注意で対策が必要な所・・・私は3なので早急に対策が必要なことがわかります。

今年昨年
LDL140121
HDL4640
LH比33

LH比を下げるにはどうすればいいか

LH比が3なのでLDLが高すぎなのかHDLが低すぎなのか見てみると、LDL140でHDL46でした。LDLは基準値の中でも真ん中より上あたりで、HDLは基準値の下限あたりです。つまりLH比を改善するには、LDLを下げ、HDLをあげることです。

LDLは血管にゴミをためる力で、HDLは血管を掃除する力ぐらいの認識でいいと思います。

LDLを下げるには食生活を改善すればさがります。。HDLをあげるには運動です。

ということは食生活の改善(うどんの食べすぎ注意?)&運動不足の解消が必要なようです。

健康診断の他の項目を見てみる

今年昨年
身長169.7169.3
体重64.665.4
BMI22.422.8
腹囲8585
血圧123-86109-76

なんとうれしいことに身長が0.4cm伸びていました。この調子で0.4cm伸びると来年には170cmをこえます。・・・なんてことはないと思いますが

体重は0.8kg落ちていますが誤差の範囲内ですね。

昨年の秋ごろ運動不足解消のために走っていた時は一番痩せていた時で62kg台でしたのでそこから比べるとやはり太っているようです。

そろそろ運動不足解消のために走らないといけないのか・・・

BMIは身長が伸び、体重が減ったことにより少し下がったが誤差の範囲内です。

腹囲はギリギリセーフ?の85cmでした。

血圧は正常範囲内ですが昨年に比べ少し上がっています。塩分の取り過ぎが考えられるのでうどんをほどほどにしないといけない。

血液検査のLH比関連以外の物

AST22 ALT30 γGT28 どれも基準値内です

AST(GOTともいう)は、心臓、筋肉、肝臓に多く存在する酵素です。ALT(GPTともいう)は肝臓に多く存在する酵素です。γ-GTPは、肝臓や胆道に異常があると血液中の数値が上昇します。

私はお酒が全く飲めないのであまり心配していませんが、お酒を飲む人は要注意でこの3つの数字が上がっているときは肝臓及び肝臓周辺の臓器がお疲れかもしれません。

TG132 基準値内ですが要注意かな

中性脂肪(TG)は体内の中でもっとも多い脂肪で、糖質がエネルギーとして脂肪に変化したものです。数値が高いと動脈硬化を進行させます。

まとめ

LH比が3と言う危険な数値なので、食生活の改善と運動を行う必要がある。うどんの食べ過ぎに注意が必要。

身体の異常は早く見つけ、早く改善の努力をすればほとんどのものが治ります。しかしある一定以上悪くなると不可逆的なダメージを受ける臓器もあります。

ですので定期的に健康診断をし、それをもとに自分の体調を知り、早く対策をしましょう。

健康であることが、一番のお金の節約にもなりますので。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする