瀬戸内国際芸術祭2019 豊島

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちは

フミです。

瀬戸内国際芸術祭2019は11月4日で終了しました

そこで今回は豊島に行ってきたので瀬戸芸のレビュー?を書いてみます。読み方はトヨシマ×テシマ○です。

豊島は春、夏、秋すべての会期で瀬戸内国際芸術祭2019が開催されています

スポンサーリンク

瀬戸内の島々を訪れる際の注意点

瀬戸内国際芸術祭もしくは会期中ではない時の瀬戸内の島を訪れる時の注意点をまとめてみました

1.作品が鑑賞できるか公式なホームページなどで確認しよう

ART SETOUCHI は、3年に1度開催される「瀬戸内国際芸術祭」とその間に取り組まれる活動の総称です。

2.島の人や、来島者同士挨拶しましょう

お互いの気分を考えてください。

3.ゴミは必ず、持ち帰ろう

島の中で処理できるごみは限られてます。美しい景色を大事にしてね。

4.マナーを守って鑑賞しよう

大声で騒いだり、勝手に民家に侵入したり、撮影禁止のアートの撮影をしたり

もちろん、その島で普通の生活を送っている島民に迷惑をかけるなんてもってのほかです。

5.交通ルールを守ろう

島民の生活道でもあるので、通行の妨げにならないようにね

6.帰りの船の時刻を常に意識しよう。

最終便を逃すと、翌朝まで島からでる交通手段がなくなります。さらに宿泊施設も限りがありますので最悪野宿なんてこともありますので、計画的に行動を

7.天候に合わせて行動しよう。

帽子や折り畳み傘など準備して、天候の急変があっても対応できるようにしましょう。

秋は、夕方になると急激に冷えたり、風が強くなったりするので上着もあった方がいいと思います。

島には、飲食店や自動販売機が限られてますので飲み物は持参し、食事はなるべく予約した方がいいと思います。

8.トイレは見つけたら済ませましょう

島では使用可能なトイレは限られていますので、できればフェリー内や港で済ませましょう。

9.島への自家用車の乗り入れは控えましょう

島民の事を考えてくださいね。普段は静かな島ばかりなので。小豆島はほかの島と違って広いのでOKみたいです。

豊島とは

昔から、檀山の中腹あたりから水がわき出していました。夏でも水温12度の軟水で「清水」と呼ばれています。この湧水は、水汲みから、食料などのすすぎや洗濯までに使われています。また湧水と棚田によって自給自足の生活を送っていたようです。最近ではオリーブ牛なども育てています。

豊島の場所、アクセス

豊島の場所

豊島へのアクセス

高松駅までそれぞれの方法できてください。

3シーズンパスポートを持っていると高松港近くに無料で車を2回まで停めることができます。

高松駅

↓ 徒歩10分

高松港

↓ フェリーで直行便なら約30分から直島経由なら約50分 大人1220円 子供610円

豊島(家浦港)

もう一つは

高松港までは同じで

高松港

↓ フェリーで約35分 大人1330円 子供670円

豊島(唐櫃港)

時刻表などを詳しく知りたい方は

瀬戸内国際芸術祭の舞台は、瀬戸内海の「備讃瀬戸(びさんせと)」と呼ばれる地域。そのうち、直島・豊島へ就航する豊島フェリーは、高松⇔豊島を直行便で約35分。安心・安全な旅をご提供致します!定期船、海上タクシー、フェリーチャーター等は、豊島フェリー

を見てください。

豊島で瀬戸内国際芸術祭2019を楽しもう

豊島は春、夏、秋、芸術祭が開催されています。

ですが夏はとても暑いことが予想されますので行くのなら、春か秋がおすすめです。

私はまず8:45のフェリーに乗るために家を出発したのですが通勤時間と重なり渋滞にはまり一応駐車場には8:30頃について間に合ったと思ったのですが・・・

船があまり大きくないので私たちの前の人で豊島直通の船のチケットが売り切れてしまいました。豊島行の船のチケットは約30分前からしか販売され始めないようです。これが一つ目のトラブルです。

豊島行の船のチケット売り場の場所は

その次の便は直島経由の便で少し時間は遅くなりました。このような事もありますので時間に余裕を持って行動しましょう。

高松港から直島経由で約50分ほどで豊島に到着します。

前回訪れた時普通の自転車でかなり大変な思いをしたので今回は電動自転車を借りようと思っていましたが・・・フェリーに乗り遅れていたのでどこのレンタサイクル屋さんもすべて貸出し中もしくは予約分しか残っておらず借りることができませんでした・・・これが二つ目のトラブルです。

あとで知ったのですが予約できるレンタサイクル屋さんもあったそうです。

瀬戸芸期間中は予約をしておきましょう

・・・借りれなかったので最終手段レンタカーを借りれるかどうか豊島のガソリンスタンドに

すると奇跡的に残り一台のレンタカーを借りることができました。4時間レンタルで4000円です。一人で来ていたらさすがに借りませんがパートナーと一緒だったので借りました。

今回の豊島での移動のためのパートナーはバモスです。

私が訪れた順に豊島を紹介します。

レンタカーを借りた緋田石油さんから一番近かった一つ目のアートから

これが3つ目のトラブルを巻き起こすことになるとはその時は想像もしていませんでした。

豊島横尾館

内部は写真が撮れない場所でしたので外部の写真のみです。瀬戸芸のパスポートがない場合料金が510円ほどかかります。気になったのはトイレです。

次に唐櫃岡に行く途中の硯地区に行き2つ目アート

ウミトタ

こちらも内部は撮影禁止でしたので外からの写真のみです。一棟貸しの宿らしいです。目の前に穏やかな瀬戸内海が広がります。瀬戸芸のパスポートを持っていないと300円の鑑賞料が必要です。

次はその隣にありました3つ目のアートです。

豊島シーウォールハウス

こちらも内部は撮影禁止でしたので外からの写真のみです。古民家の中にドラムや映像が配され、それらが響き合います。瀬戸芸のパスポートを持っていないと300円の鑑賞料が必要です。

この硯地区からは静かな瀬戸内海の景色をゆっくり楽しめます。

次にお昼を島キッチンで食べるために整理券を貰いに行くと・・・14:00以降しか席あいてないとのこと・・・10:30から整理券を配るのは知っていたのですが11時では遅かったようです。そして島キッチンは予約も可能なようなので絶対行きたい人は予約しましょう。

ってことで4つ目のアート

島キッチン

大きな屋根に包まれた半屋外にテーブルがある開放的なレストランです。3年前も食べれず今回も食べれませんでした。なので絶対食べたい人は予約しましょう。

島キッチンがダメでしたので近くの食堂101号室で食べようと思って店に行ってみると予約のため13:30までいっぱいですとの事・・・お昼御飯難民になりそうです。

平日だからと思って油断しまくっていたのが悪かったようです。

テンションが下がりつつ5つ目のアート

あなたの最初の色(私の頭の中の解-私の胃の中の溶液)

こちらは撮影OKでしたが室内が暗すぎてブレブレの写真しか撮れませんでした。瀬戸芸のパスポートを持っていないと300円の鑑賞料が必要です。

次に少し歩いて6つ目のアート

空の粒子/唐櫃

唐櫃の清水のすぐそばにあります。こちらは無料で鑑賞することができます。

次に7つ目のアート

ストーム・ハウス

こちらのアートは撮影禁止でした。古い家で台風をやり過ごす感じの作品です。瀬戸芸のパスポートを持っていないと300円の鑑賞料が必要です。

お昼も近づいてきたのでお昼御飯難民になる前に家浦港周辺に戻り、金栄丸食堂でお昼御飯にありつけましたがワンオペでしたので結構待ちました。

(写真は3年前の食堂101号室のランチです)

家浦港周辺にはある程度飲食店がありますのでお昼に困ったら家浦港に行くか一食抜きましょう。

お腹もいっぱいになりましたので次に8つ目のアート

針工場

メリヤス針の製造工場跡に、宇和島の造船所にて一度も本来の役目を果たすことなく約30年間放置されていた、鯛網漁船の船体用の木型を設置されているようです。瀬戸芸のパスポートを持ってない場合鑑賞料が510円ほどかかります。

次は甲生(こう)に移動して9つ目のアート

新作(タイトル未定) 進行中

2016年の時もありましたが・・・その時から少しだけ変化しているようです。完成は2022年予定だそうです。瀬戸芸のパスポートを持っていないと300円の鑑賞料が必要です。

次は10個目のアート

豊島八百万ラボ

こちらは内部の撮影は禁止でした。大学の実験の時に見たようなものなどがあり、隣の部屋ではポップな音楽も流れていました。瀬戸芸のパスポートを持ってない場合鑑賞料が510円ほどかかります。

次に唐櫃浜に行く途中にオリーブ牛が放牧されていました。

唐櫃浜に到着し11個目のアート

心臓音のアーカイブ

世界中の人々の心臓音を恒久的に保存し、それらの心臓音を聴くことができる小さな美術館です。現在は約65000人ほどの心臓の音が集まっているそうです。瀬戸芸のパスポートを持ってない場合鑑賞料が510円ほどかかります。

次に12個目のアート

勝者はいない─マルチ・バスケットボール

こちらは無料で鑑賞でき、バスケットボールも楽しむことができます。

次は家浦港に戻る途中の硯地区にある13個目のアート

コロガル公園in豊島 ©山口情報芸術センター

旧神愛館(乳児院)の前にあります。鑑賞者が主役の作品で自ら遊び方を想像してください。瀬戸芸のパスポートを持っていないと300円の鑑賞料が必要です。

最後に車を返却し家浦港で14個目のアート

豊島愛ランドスケープ

家浦港のすぐそばにあり、瀬戸内の静かな海を眺めることができます。無料で鑑賞することができます。ただし結構揺れますので気をつけてください。

そして帰る時も船のチケットを買うのに長蛇の列ができていました。帰りのチケットは無事に買うことができました。

他にも豊島美術館やささやきのもりなどがあります。

まとめ

豊島は基本的には徒歩でまわるのはかなり大変な島なので電動レンタサイクルもしくは電動スクーターもしくはレンタカーで移動することをおすすめします。

船が小さく瀬戸芸会期中は平日でも船のチケットが買えないこともありますので早め早めの行動をしてください。

食事も家浦港近辺にはある程度ありますが、他の場所にはあまりないので計画的に行動しましょう。

食事も島内での移動手段も予約できるところもありますのでできるだけ予約しましょう。

費用はどれぐらいかかるか

高松駅までの交通費+高松港から豊島までのフェリー代(1220円×2)+島内での移動手段のレンタル料+鑑賞料300円×6作品+鑑賞料510円×4作品+鑑賞料510円or瀬戸内国際芸術祭のパスポート代+豊島美術館代1540円

どれぐらい時間がかかるか

4~6時間ほどあればすべての作品を見て回ることができます。それに豊島までの往復時間を+してください。

船酔いは?

短い船旅ですが酔う人は酔うと思いますので、自覚がある人は酔い止めなどを飲みましょう。

食事は?

家浦港近辺にはある程度ありますが、そのほかの場所にはすくないので計画的に移動しましょう。

ネコは?

少しだけいます。そしてオリーブ牛も見ることができます。・・・ただし牛の近くは臭いかも

景色のいい場所は?

豊島美術館の近くの坂はかなりいい景色が広がっています。

また唐櫃浜の心臓音のアーカイブの近くには穏やかな海が見える砂浜があります。

もっと詳しく豊島について知りたい方は

こちらの公式?サイトを見てください

瀬戸内国際芸術祭が行われているすべての島を訪れた私がおすすめする島はこちらを読んでください。

美しい海と自然の恵みに溢れる瀬戸内海には大小700余りの島があります。比較的温暖ですがどの島でも人口減少が進み、高齢化訪れ、徐々に活力が失われてきています。まるで日本の縮図を見てるようではありませんか?そんな島々に元気と笑顔を取り戻そうと2010年から始まり、3年に一度の開催ですが、回を重ねるごとに参加する島も増えています。そこで今回は、是非とも訪れてほしい島を紹介しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする