【四国の道の駅】徳島編 温泉の里神山

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちは

フミです。

このブログを初めて読む人で

もっと四国の事を知ってほしいので四国にある道の駅を紹介します。

四国四県にもそれぞれ魅力がある道の駅があり、温泉で賑わうところや、海の幸や山の幸のグルメで賑わうところもあります。また道の駅のスタンプラリーもあります。現在、四国には87カ所道の駅があります。四国88カ所にかけてあと1カ所作ってもいいかもしれませんね。

今回紹介するのは徳島にある道の駅温泉の里神山です。

スポンサーリンク

温泉の里神山

木の良さを知っていただくとともに、木造建築に興味を持っていただくという目的のために、施設の建築材料や工法・展示物にいたるまですべて徳島県内で考え得る材料や技術を結集して造られ運営されています。

また、すぐ近くには塩水温泉である神山温泉「ホテル四季の里」があり、山の幸なども楽しむことができます。

施設

粟生の館(林産物展示コーナー、特産品コーナー、情報提供コーナー、休憩コーナー、ギャラリー、案内所)があります

営業時間

3月~10月:午前9時~午後6時

11月~2月:午前9時~午後5時

毎月第三火曜日は休みです。

駐車場

普通車 52台

大型車 3台

EV充電あり

イベント

8月 誕生祭

12月 道の駅祭り

アクセス

徳島駅から約25キロ、車で約50分ほどかかります。

住所:徳島県名西郡神山町神領字西上角 151-1

おすすめ

神山すだちサイダー

徳島には阿波踊りや鳴門の渦潮の他にすだちが有名です。98%ぐらいが徳島で生産されておりそのすだちを使ったサイダーです。クリアでさわやかな飲み口です。

周辺観光

・雨乞いの滝

雄・雌二つの流れを持つ雨乞の滝は、高さ45メートルで3段になります。駐車場から川の流れに沿って登っていくと道中にいくつもの滝が顔を出します。約20分で雨乞いの滝に到着します。ずっと登りで心が折れそうになりますが一見の価値はあります。歩きやすい恰好で行くことをおススメします。また、駐車場までの道も狭いのでできれば小さい車で行くことをおススメします。

私が雨乞いの滝についてまとめた記事はこちら

今回は世界三大奇勝とも称されている阿波の土柱を紹介します。もちろんかなり珍しいので国の天然記念物に指定されています。約100万年前から70万年かけて阿讃山脈から流れ出た土砂が何層にも堆積してできた砂礫層が、断層の活動により隆起した場所。土柱はその砂礫層が侵食してできた物である。

・神通滝

鮎食川上流へ入り自然の中を進むと、神通渓谷が現れます。駐車場から約600メートルで約15分歩くと、そこに神通滝 は雄大な姿を現します。30メートルの落差のある滝は冬には氷瀑となります。道中は四季によって様々な姿を見ることができます。冬場は駐車場までの車道や駐車場からの歩道も凍結の恐れがあるので情報を確認してください。

なかなか道の駅だけのために遠出することはないと思いますが、近くに用事がある場合立ち寄ってみても面白いと思います。また物産センターでは新鮮な野菜が驚くほど安い値段で売られていることもあります。桜の季節には綺麗な桜も見ることができます。下の写真は少し時期が遅いので葉桜ですが

またもっと詳しくに温泉の里神山ついて知りたい方はこちらを見てください。

ようこそ 徳島県 道の駅神山 ホームページに。㈱神山温泉 が運営

今日はこのへんでフミでした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする