【資産運用の状況を公開】30代の平凡サラリーマンがする資産運用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

みなさんこんにちはフミです。

ブログでも何度もお金の話をしてきましたが・・・そんな事書いて君はどんなことをしているの?と思っている人もいるかもしれませんので

今回は30代の平凡サラリーマンの資産運用を公開したいと思います。

なぜ資産運用をはじめようかと思ったかといいますと

  • 年金が本当に貰えるかわからない・・・
  • お金に縛られない生活がしたい・・・
  • できればアーリーリタイア・・・

将来のお金に対する不安から始めたわけです。

現在の状況をできる限り公開して、誰かの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

2019年1月1日の資産状況

評価額
SBI証券口座1,144,849
積立FX418,309
FX自動売買296,126
ウェルスナビ495,025
クラウドバンク1,039,947
合計3,394,256

(※これ以外にも預金や保険や仮想通貨などもありますが今回は割愛させていただきます)

どれぐらい積み立ててるの?

SBI証券で積立NISAで毎週約7,700円を2019年から始めました。

・・・あれだけ投資とか資産形成の話をしといて遅くないかと思われているかもしれませんが私も遅いと思っています。

一応結婚前はNISAで運用してましたが、結婚&新築購入でお金の流れなどが安定してなかったのでここ3,4年はお休みしていました。

積立FXで毎月約1万円を約2年前から始めています。

ウェルスナビ(ロボアド投資)は毎月1万+ボーナス月は+2万ほど積み立てています。

まとめると

金融商品年間積立額
積立NISA約40万
積立FX約12万
ウェルスナビ16万
合計約68万

月に約5.67万円ほど積み立てていることになります。

損してるの?儲かっているの?

現在保有している金融資産の状況は以下のようになっています。

評価額元本損益
SBI証券口座1,144,849
積立FX418,309438,645-20,336
FX自動売買296,126300,000-3,874
ウェルスナビ495,025530,000-34,975
クラウドバンク1,039,9471,000,00039,947
合計3,394,2562,268,645+?-19,238

証券口座が?な理由は証券口座開設して10年以上たっており、出し入れをかなりの回数をおこなっているため正確な金額は不明のため?とさせていただきました。

積立FXやウェルスナビは昨年末の株安、円安の影響をもろに受けている時期なのでかなり成績が悪くなっています。

トータルで見てみると19238円ほど赤字です。

運用実績の推移

金融資産ごとのこれまでの運用実績を紹介します。

SBI証券口座

SBI証券口座は来月から積立NISAの運用実績の公開していこうと思います。

積立FX

これまでのデータをちゃんと取っていないのでこれからデータを取っていきます。

毎月1万積立と書いていますが、年末に次の年の保証金をいれていますので元本は来年の1月までかわりません。

FX自動売買

これはあるブログの影響で2018年12月の下旬から始めましたのでまだまだ期間が短いのでこれからどうなっていくか楽しみです

ウェルスナビ

ウェルスナビは投資知識が無くても始められる資産運用サービスです。

2017年6月に30万円入金し、それから24万円ほど積み立てています。2018年の12月まで順調でしたがアメリカ&日本の株安+円高で現在はマイナスに転落しています。

運用期間が2047年7月までの予定とまだまだ先が長いので、粛々と積み立てていきます。


WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

クラウドバンク

クラウドバンクは資産運用をしたい個人と資金調達をしたい国内外の企業をマッチングする融資型クラウドファンディングサービスです。インターネットを活用することで小口資金を集約して大口化します。(引用:クラウドバンク)

現在唯一運用成績がプラスの金融資産です。

こちらは2017年7月頃より運用を始めトータルの投資金額を100万まで増やしました。当面は投資金額は増やさず運用していくつもりです。

昨年の税引前の年利は約5.8%でした。

クラウドバンクの平均利回りの実績は6.79%らしいので・・・私が選んでいる商品がよくないのと資金を遊ばせている期間があったのではないかと



まとめ

将来のことは誰もわかりませんのでリスクヘッジとして資産運用をしましょう。

預金をしたとしても利息はあってないようなものですし、インフレすれば現金の価値は目減りします。

投資はなるべく早くから始めることで、毎月の積立金額も少なくできますし、リスクもとることができます。

なのでなるべく早く始めて老後の資金の不安を少しでも減らしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする