【プラ転にはまだ遠い】30代の平凡サラリーマンの資産運用の状況を公開【2020年6月】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさんこんにちはフミです。

世界では暗いニュースがおさまる気配まったくありませんが・・・私の資産運用の状況は少し回復しています。

資産運用をしていればそんなこともあります

ブログでも何度もお金の話をしてきましたが・・・そんな事書いても損をするときは損をします

今回は30代の平凡サラリーマンの資産運用を公開したいと思います。

なぜ資産運用をはじめようかと思ったかといいますと

  • 年金が本当に貰えるかわからない・・・
  • お金に縛られない生活がしたい・・・
  • できればアーリーリタイア・・・

将来のお金に対する不安から始めたわけです。

現在の状況をできる限り公開して、誰かの参考になれば幸いです。

2020年の投資方針はこちらを見てください

今回は、2020年の投資方針および、もっと長期的な投資の目標を見えるかし、ブログに書くことで退路を断つつとともに誰かの参考になればと思います。長期的な目標は25年後に金融資産5000万円を目標にたんたんと積み立てていく。2020年の目標としては積立額を増やし、25年後の目標を達成できるようにすることと個別株の売却です。

スポンサーリンク

2020年6月28日の資産状況


(※これ以外にも預金や保険や仮想通貨などもありますが今回は割愛させていただきます)

どれぐらい積み立ててるの?

  • 積立NISAを毎週買い付けし年間で約40万円積立
  • 積立FXで毎月約1万円
  • ウェルスナビ(ロボアド投資)は毎月1万+ボーナス月は+2万
  • 楽天証券で投資信託を月2万円積立(2020年3月より)←new

まとめると

金融商品年間積立額
積立NISA約40万
積立FX約12万
ウェルスナビ16万
楽天証券24万円
合計約92万

月に約7.67万円ほど積み立てていることになります。

これに楽天ポイントで月に1000円ずつ投資信託を購入しています

個別の金融資産の状況

個別の金融資産について見ていきます

まだまだマイナスが多いですが少しづつ回復しています

SBI証券口座

SBI証券口座は元本より約32.5万円ほどマイナスになっています。

昨月よりは少し改善しましたがまだまだマイナスが大きい

積立NISA

ついにプラスに戻ってきました。まだまだ長いスパンでの投資なので一喜一憂しないで淡々と続けるのみですね

積立FX

毎月1万積立と書いていますが、年末に次の年の保証金をいれていますので元本は来年の1月までかわりません。

こちらも暗いニュースの影響で先月より円高が進んでおり元本から約11万円ほどマイナスでした。

昨月に比べるとマイナス幅は減っています

FX自動売買

証拠金維持率がかなりさがり強制決済されそうになったので追加で10万円入金しましたが相場の乱高下により3月13日にロスカットされ取引をやめ残ったお金は出金しました

このことについて詳しく書いた記事はこちら

為替相場の乱高下によりこのたび、自動売買FXがロスカットされたことを報告させていただきます。ロスカットってことは、損が確定したって事です。そこでどれぐらい損をしたか、自戒の意味を込めてブログに残しておこう思い記事にしています。

ウェルスナビ

ウェルスナビは投資知識が無くても始められる資産運用サービスです。

2017年6月に30万円入金し、それから47万円ほど積み立てています。昨月と比べるとプラスまで回復しました。

運用期間が2047年7月までの予定とまだまだ先が長いので、粛々と積み立てていきます。

ウェルスナビのメリット、デメリットについて私が詳しくまとめた記事はこちら

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

クラウドバンク

クラウドバンクは資産運用をしたい個人と資金調達をしたい国内外の企業をマッチングする融資型クラウドファンディングサービスです。インターネットを活用することで小口資金を集約して大口化します。(引用:クラウドバンク)

こちらは2017年7月頃より運用を始めトータルの投資金額を100万まで増やしました。当面は投資金額は増やさず運用していくつもりです。

こちらは暗いニュースの影響は受けない商品ですので心配することなく見ることができます

6月は年利換算で税引前の利回りは7.64%でした。

クラウドバンクの平均利回りの実績は6.79%らしいので6月は成績が良かったようです


楽天証券口座

昨年の途中よりポイントで投資信託を自動積立しております。

3月よりインデックス系の投信を月に2万円をはじめました

かなり悪い時期にはじめてそこから改善したので現在はかなりプラスになっています

昨月の金融資産の評価額の比較

昨月比は約9.6万円ほどプラスです

元本と比べると約55.7万ほどマイナスです

暗いニュースの終息が見えません。どこまで経済に影響があり、どこまで長引くかわかりませんが早くおさまることを願います

資産運用の状況のまとめ

昨月に続き、暗いニュースの影響で評価額がかなりマイナスになっています

下げ止まって上昇に転じていますが・・・日本の株が上がっている理由はわかりません。

とりあえず、たんたんと積み立てるのみです。

将来のことは誰もわかりませんのでリスクヘッジとして資産運用をしましょう。

預金をしたとしても利息はあってないようなものですし、インフレすれば現金の価値は目減りします。

投資はなるべく早くから始めることで、毎月の積立金額も少なくできますし、リスクもとることができます。

いくらお金のことを書いていても損をするときは損をします。ですがまだまだ長いスパンでの投資ですので続けるのみです

スポンサーリンク
おすすめ記事

おすすめ記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする