春一番で事件発生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

みなさん、こんにちは

フミです。

このブログを初めて読む人で

春一番で事件が発生したのでご報告致します。

・・・事件と言っても大した事件ではないので期待してしまったかた申し訳ございません。

先に謝ります。

3月1日?2月28日に四国で春一番が吹いた模様です。

そして強風でもちろんのごとく瀬戸大橋通行止めになりました。

電車も瀬戸大橋上(与島辺り)で約3時間半立ち往生したもよう。いつもは橋上で止まることはほぼない気がします。あくまで私の記憶の限りですが

そして運行停止と言えばマリンライナー(岡山と高松を結ぶ)なイメージでしたが今回は南風(岡山と高知を結ぶ)

稀に稀が重なってますわ。

瀬戸大橋は確か風速25メートルをこえると通行止めや運行停止になるような気がします。

・・・ってことで事件の原因は風だと思われます。

スポンサーリンク

1.何が起こったか?

禿げたんですよ・・・

お前の頭か・・・

おぃスベッテルゾ

まぁ言葉で説明するのは面倒なので

before

after

・・・無残にベランダに敷いた人工芝が禿げてました

これだけです。

直すのには2,3分しかかかってないので大した事件ではありませんね。

最大瞬間風速23m/sってわかりにくですが

風速20m/sで体を60度ぐらい傾けないと立っていられない。子供が飛ばされそうになる風速らしいです。

25m/sだと屋根瓦が飛ばされたり、樹木が折れることもある。

・・・これでもわかりにくいですがとりあえず結構強い風?かなり強い風?が吹いてたみたいです。

2.なぜ人工芝をベランダに敷いているのか?

季節のいい時期に夜な夜な外で酒を飲むためではありません。

ベランダはFRP防水なんですがこれは紫外線や雨水によって劣化します。

ベランダなので屋根はありますが、すべての時間太陽からの紫外線を防ぐことができませんので劣化を少しでも軽減できればと思いDIYで人工芝を2時間?3時間ぐらいかけて敷きました。

こうすることでどれぐらい劣化を抑えられるかわかりませんが、とりあえずやってみただけです。

ベランダやバルコニーの防水機能の劣化気にする方は金属防水を採用してみてはどうでしょうか、保障は10年とかになっていますがもっと長く大丈夫なようです。FRP防水だと5~10年ぐらいでメンテナンスの必要性がありますので。

3.まとめ

ベランダの防水一つでもランニングコストがかなり変わってきます。イニシャルコストはFRP防水の方が安いですが、ランニングコストまで考えたトータルコストでは金属防水の方がお得なようです。

もうFRP防水してしまった、屋根もないって方は人工芝でも敷いてみてはどうでしょうか・・・でも人工芝も紫外線で痛みますので

そしてこの人工芝は夏は日が当たると素足では歩けませんのでご注意ください。

タイトルのわりに大した事件でないことを謝罪いたします。

今日はこのへんで

フミでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする