【考察】我が家の本当の性能は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

みなさん、こんにちは

フミです。

このブログを初めて読む人で

今回は我が家の本当の性能を計算してみようと思います。

とりあえずこのブログで私の家の性能は

UA値0.56

Q値1.9(簡易式に当てはめただけ)

C値測ってない

との事となっています。

C値に関しては実測なのではからない事にはわかりません。

ですがUA値に関してはBELSの申請の添付資料をもとにある程度、計算することができます。

スポンサーリンク

BELSの申請の添付資料のUA値

・・・BELSの添付の資料ではUA値は0.584という事になっています

しかし添付資料を見てみると窓の数値が若干おかしい

添付の窓の資料を見てみると

部位U値がすべて1.9になっていますね。2.33はAPW330シリーズではない勝手口のドアですのでたぶん間違ってないと思います。

APW330シリーズのUw値が1.9以下で、それぞれの窓のUw値を個々に調べるのがめんどうだったのかしれませんが・・・

Arガス入り樹脂スペーサー仕様のAPW330のUw値は平均すると1.4~1.7ぐらいの間に納まると思います。

すべての窓の納品書があればデータを全部ピックアップして計算すればいいのですが、あいにく納品書はNハウジングさんにしかないですし、この量をピックアップして手計算するのは面倒なので簡易に計算しなおしてみます。

それぞれのUw値で計算してみる

Uw値が1.4の場合

とりあえず全体の面積から勝手口のドアの面積を引きますと

25.76-1.48=24.28

24.28×(1.9-1.4)=12.14

開口部(窓)の熱損失は49.58-12.14=37.44

となり外皮の総熱損失量が211.6-12.14=199.5

これを外皮面積でわると

199.5÷362.19=0.551

Uw値が1.5の場合

Uw値が1.4の時と同様に計算すると

25.76-1.48=24.28

24.28×(1.9-1.5)=9.712

開口部(窓)の熱損失は49.58-9.71=39.868

となり外皮の総熱損失量が211.6-9.7=201.9

これを外皮面積でわると

199.5÷362.19=0.557

Uw値が1.6の場合

Uw値が1.4の時と同様に計算すると

25.76-1.48=24.28

24.28×(1.9-1.6)=7.284

開口部(窓)の熱損失は49.58-7.28=42.3

となり外皮の総熱損失量が211.6-7.3=204.3

これを外皮面積でわると

204.3÷362.19=0.564

Uw値が1.7の場合

Uw値が1.4の時と同様に計算すると

25.76-1.48=24.28

24.28×(1.9-1.7)=4.856

開口部(窓)の熱損失は49.58-4.856=44.72

となり外皮の総熱損失量が211.6-4.9=206.7

これを外皮面積でわると

206.7÷362.19=0.571

この4つをまとめると

Uw値UA値
1.40.551
1.50.557
1.60.564
1.70.571

この4つの真ん中ぐらいだと勝手に決めさせていただきましてUA値0.56ぐらいではないかと・・・

考え方や計算が大幅に間違っている所を見つけたら是非教えてください。

間違い見つけた人は是非↓で教えてください。

Q値を求めてみよう

新築一戸建ての冬場の24時間連続稼働のエアコンの電気代を書いています。つけっぱなしでも我が家の性能ならば一日200円ぐらいで快適に過ごせます。これぐらいしかお金がかからないなら我慢する必要はまったくありませんね。ただし、古い家や古いエアコンを使用している場合は要注意です。

この記事のデータをもとにとってもわかりやすいさとるパパさんの住宅論の記事をもとに概算のQ値を求めてみると(さとるパパさん勝手に引用してすいません引用しちゃだめなら遠慮なくお知らせください)

日射取得(ほとんどありませんでしたが)や人間の熱や家電などの発熱を無視して計算してみると・・・Q値は1.78ぐらいでした

これをもとに簡易式でUA値を求めると0.53ぐらいでした

樹脂トリプル(ガス入り)&イノベストD70にすると

計算を簡単にするためにUw値どちらも1で計算すると

外皮の総熱損失量の合計が182.43になりそれを外皮面積でわるとUA値は0.5ぐらいまでにはなります。

これ以上の断熱性能をあげようと思うと、窓を減らす、もしく付加断熱、高性能な断熱材を用いるぐらいですかね。あとは2×6もしくは2×8にするぐらいですかね?

まとめ

我が家の性能は公的にはUA値は0.584で希望的計算でUA値は0.56です。

他にも壁の断熱材の厚さが95mmで計算されているので105mmで計算するともう少し改善します。

数字だけがすべてではないですが、比較しやすいのは数値です。

断熱性能をあげることで建築費用などがあがりますが、長い目で光熱費や医療費まで勘案してトータルのコストを考えるとある程度(HEAT20G1)以上の断熱性能を必要です。

なのでこれから家を建てる人は、建築費用だけを見ずに、光熱費や医療費などもしっかり含めてコストの比較をしましょう。

今日はこのへんでフミでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする