【実録】高性能住宅に不要な物②バルコニー(ベランダ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

みなさんこんにちは

フミです。

今回は新居に住みはじめてそろそろ二年半がたとうとしています。

そこで高性能住宅に必要ないものを紹介します。

我が家が高性能住宅かは・・・なんともビミョ~な性能ですが、我が家ぐらいの中途半端な性能の家でも必要ないのならば高性能住宅ではもっと必要なくなるはずとの勝手に思っております。

タイトルにも書いてあるように不要な物はバルコニー(ベランダ)で必要ありませんでした。

スポンサーリンク

バルコニー(ベランダ)が必要ない理由

洗濯物を干す場所として必要ない理由

洗濯物を干す場所としてのバルコニーは必要ありません。

住みはじめて最初の頃はバルコニーに洗濯ものを干していましたが、現在はほぼ干していません。

たまに干すときもありますが、それは急に掃除や洗濯をしたくなった時にいっぱい洗濯しすぎて干す場所が足りなくなる時だけです。

これはしっかり洗濯のスケジュールを決めていれば、起こりません。

バルコニーは家の外で、春は花粉が飛び、夏は暑く、冬は寒いので、わざわざそんなところに干さなくても部屋干しで一年中洗濯物は乾きます。

冬場は高性能住宅の場合、かなり乾燥しますので相当厚手のもの以外は部屋干しすれば一晩でしっかり乾きます。

梅雨の湿度が高い時期はどうなのかといいますと、エアコンの除湿機能で十分に乾きます。

部屋干しのおすすめの家電についての記事はこちらを読んでください。

今回は部屋干しと相性のいい家電を紹介しています。快適な空間のままで部屋干しをしたいのならエアコンの除湿運転がいいようです。早さと電気代を求めるのなら扇風機を使用してください。もちろん乾きやすい素材の物を利用するもの一つの方法です。

コストおよび管理の面で必要ない理由

バルコニーの防水で多いのがFRP防水なんですが、10年をめどにメンテナンスの必要性があります。

メンテナンスをしないと・・・最悪の場合雨漏りの可能性があります。

雨漏りをすることで家本体の構造に関る大きな問題を引き起こす可能性があります。

もうすでに家が建ててありFRP防水を採用されている方は人工芝でも引いて紫外線の影響を軽減してみてもいいのかもしれません。

我が家もFRP防水ですので人工芝を頑張って引いてお茶を濁しています。

コストもバルコニー自体必要ありませんので、家自体を小さくできコストカットになります。さらにないことで上にも書いているようにメンテナンスコストもなくなります

バルコニーは外と接しているので結構汚れてしまいます。

そこで掃除をしないといけません。

一年に一回しか掃除しない我が家のバルコニーはかなり汚れてしまいます。

下の人工芝の写真を見てみるとあまり汚れてないように思うかもしれませんが・・・

人工芝を外してみると虫や埃などがかなり溜まっています。

もちろん人工芝を引いてても端のほうはかなり汚れていますのでケルヒャーで掃除の必要があります。掃除後はかなりきれいになっています。

他にも手すりの部分も結構汚れます。掃除の前後ではかなり違いますね。

このように掃除の手間も結構かかります。

・・・もっと掃除しろと言う話や人工芝のせいで掃除が大変になってるって話もありますが

まとめ

高性能住宅では、布団の干す場所さえ確保していれば、洗濯物を干す場所としてのバルコニー(ベランダ)は必要ありません。

他の利用用途がある場合は別です。

必要のないものをなくすことで、コストカットにもなりますし掃除などの管理もしなくてよくなるので無駄な時間を省けます。

もう既に家を建てており、バルコニーがFRP防水の方は人工芝でも敷いて劣化を遅める工夫をしてもいいのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする