【第三話】家作り物語 土地を探そう2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

みなさん、こんにちは

フミです。

この物語は、フミの家作りの軌跡を思い出しながら書いていきます。

このブログを初めて読む人で

記憶違いや大げさな表現や乱暴な言葉使いがあるかもしれませんがご容赦ください。

そして方言丸出しかもしれませんが・・・

さらに、そんなもん興味ないわと思われているかたもいるかも

でも書きます。

その当時のプランや間取りが出てこないのは、

引っ越しの際にほとんど捨ててしまったのでご容赦ください。

今日は、土地を探そう1の続きです。

スポンサーリンク

1.JホームからのDM

が届き、Jホームに再訪しました

すると、なんてことでしょう・・・

いいなと思ってた4の土地が予約入ってるじゃないですか・・・

この瞬間、私のやる気は半減しました。

しかし、走り始めたら止まれない私は、とりあえず7の土地を仮押さえし、

それと同時進行の形で2の条件付きの所で、プランを考えてもらうことになりました。

つまり、二つの土地を仮押さえしてる状況・・・

これは、結構稀な状況かもと今となっては思います。

2.Jホームの内川君

が私達の担当の営業さんでした。

内川君はもちろん仮名です・・・ソフトバンクの内川選手に似ていたので内川君と名付けらせてもらしました。

何も考えてない私達夫婦は、

内川君のいろんな質問に要領を得ない答えばっかり返してました。

はっきり答えたのは予算と広さぐらいかな、今となっては無謀な予算でした。

土地以外の費用で2000万ぐらいで、35坪ぐらいと

う~ん、ローコストのメーカーなら建たないことはないですが

ある程度の質を求めるとちょっと厳しいかな

3.この辺りから

私は、いろんなことを、ブログやメーカーのHPで読み漁り、

素人から頭でっかちの施主に進化していきました・・・

たぶんですが、営業さんにとって、やりにくいお客に・・・

私は、興味があれば調べたり、体験したりするのは、

ほとんど苦になりません。

私はと言われても誰やオマエ?なにもんや?って人はこちらに

自己紹介のページです。このページを見ればフミの事は、だいたいわかります。

4.まとめ

土地は、タイミングとか出会いが大切なので、いいなと思ったら、

仮押さえなり、土地買付申込書は躊躇わず書いてください。

どちらも、キャンセルできます。法的拘束力はありません。

キャンセルしてしまうと不動産会社との信頼関係は多少揺らぐかもしれませんが・・・

私はこの失敗をしたことで、今の家が建てれたと前向きに考えるようにしてますが

もし、いいなと思った土地で家作りをしていたら、

どうなっていたか?と考えることはあります。

過ぎたことはどうにもできませんので、倒れるなら前に前に

今日は、これまで

フミでした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする