【第八話】家作り物語 Cホームの見学会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

みなさん、こんにちは

フミです。

この物語は、フミの家作りの軌跡を思い出しながら書いていきます。

このブログを初めて読む人で

記憶違いや大げさな表現や乱暴な言葉使いがあるかもしれませんがご容赦ください。

そして方言丸出しかもしれませんが・・・

さらに、そんなもん興味ないわと思われているかたもいるかも

でも書きます。

その当時のプランや間取りが出てこないのは、

引っ越しの際にほとんど捨ててしまったのでご容赦ください。

今日は、Cホームの完成見学会に行った時の話

スポンサーリンク

1.おしゃれなCホーム

一般的にはおしゃれであろうと思われるCホームのお話です。

このCホームは、県内で放送されている住宅情報番組によく出てる会社でした。

ちょっと行った時間は忘れましたが、

見学会は私たち以外にも何組もきており、大盛況の模様でした。

自然素材を多く使い、カントリー調に仕上がった家でした。

ただ、私の感性にも、妻の感性にも合わなかったんですよね。

2.資金計画

この頃、根拠もなく予算を上げたころでしたので、

資金計画が本当に大丈夫か若干不安でした。

一応、自分でもシミュレーションしてみて、大丈夫ではありました。

でも、素人のシミュレーションだけではさすがにダメでしょってことで

Cホームさんにその事を言うと、うちでシミュレーションしてみましょうと言われ、

20ページぐらいの冊子をいただきこれに、わかるところ書いてきてくださいと・・・

営業さんはさすがです。最初から家とこずに、不安なことを聞いて、

その相談に乗り、信用を得る。いい方法ですよね。

まず、その前に、ちゃんとした資金計画してなかったのかとか、

ライフプランとか考えてないのか、と思っている人もいるかもしれませんが・・・

しっかりした資金計画も、入念なライフプランのシミュレーションもしてませんでした。

今から家作りを考えている人は、真っ先にするべきことですよ。

3.ライフプランのシミュレーションのために

後日、Cホームに行きました。

そして・・・営業さんがパソコンにいろいろ入力し、シミュレーションしてくれました。

そうすると、とりあえずは大丈夫みたい。

しかし、私の家の場合、この先子供が出来たりした場合、

妻の収入が減ると結構ぎりぎりみたいでした。

もし、ハウスメーカーから紹介したFPさんだったら、

根拠もなく大丈夫ですよって言ってると思いますね。

でも、Cホームの営業さんは慎重に判断してくださいね。

ぐらいでゴリゴリ推し進めようとはしなかったですね。

その点は、結構いい建築会社なのかなと思いました。

そして、次いついつ連絡しますねと営業さんに言われ帰路につきました。

4.しか~し

そのいついつの日になっても、何も連絡もありませんでした・・・

なぜなんですかね?忘れてただけですかね?

となると、こちらからわざわざ連絡をするわけもなく音信不通状態に

ってことでCホームは土俵に乗らず脱落しました。

5.半年以上後に

電話があり、もうどこの会社でお願いするか決まりまですか?と聞かれ

普通に答え・・・それ以降はDMもこなくなりました

まぁDMもコストがかかるのでK商事みたいにずっと送り続けるのもどうかなと思います。

6.まとめ

建築会社としてはよかったのかもしれないが、連絡を忘れるのは・・・アリエン

まぁ二人ともの感性に合ってなかったので、断る手間が省けてよかったですけど

グイグイ押してくる営業さんもいれば、そんなに押さずサラッとした営業さんもいるんだなと

一つ勉強になりました。

あと一番大事なこと忘れてました。

資金計画やライフプランのシミュレーションはしっかりしてください。

じゃないと家を買ったのに生活が苦しくなったとか、普通にありえますから。

今日は、この辺りで

フミでした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする