【第三十一話】家作り物語 地銀の住宅ローンについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

みなさん、こんにちは

フミです。

この物語は、フミの家作りの軌跡を思い出しながら書いていきます。

このブログを初めて読む人で

記憶違いや大げさな表現や乱暴な言葉使いがあるかもしれませんがご容赦ください。

そして方言丸出しかもしれませんが・・・

さらに、そんなもん興味ないわと思われているかたもいるかも

でも書きます。

その当時のプランや間取りが出てこないのは、

引っ越しの際にほとんど捨ててしまったのでご容赦ください。

家作りに関するお金の総額が見えてきたこの頃、やっと住宅ローンの事を考え始めました。

田舎で県庁所在地でもないところに住んでいる私たちの選択肢として、地銀、信金、JA、ネット、フラット35ぐらいでした。

都会ならこれに、3大メガバンクがプラスされるぐらいですかね?

私の住んでいる地域では、幸いにもある地銀がフラット35S(A金利)に対抗する住宅ローンをだしていたのでそこを候補に・・・

変動金利と固定金利の事はこちらで

みなさん『変動金利』と『固定金利』まよいませんか? 金融商品と同じで『変動金利』と『固定金利』のどちらが有利かあらかじめ決まってなく、将来の金利動向で変わってきます。
スポンサーリンク

1.地銀の住宅ローン

上にも書いてあるように、フラット35S(A金利)に対抗する住宅ローンでしたので

最初の10年 年率○○% それ以降 年率○○+□%みたいな商品でした。

簡単に言うと段階金利ですかね。

フラット35に対抗しているだけあって、金利はその当時(16年6,7,8月ぐらい)、最初の10年は保証料込で1%以下でそれ以降も1.2~1.5%ぐらいの金利でした。

・・・今でも最初の10年は1%以下でそれ以降も1.3%前後です。

2.住宅ローンの話を聞きに行く

大手ハウスメーカーやS不動産に、今金利低いので金利確定させるために仮審査した方がいいですよと

とりあえず、あまりわかってないので住宅ローンの事を聞きに行くと・・・

もう少し、家作り進めてから来てくださいと・・・結構冷たい対応でした。

平日の昼間に、二人で行ったからダメだったのか?土地も、家の見積もりもできてなかったから悪いのか?と当時は思いました。

まぁ今考えると、銀行としては、土地や家を担保にお金を貸すわけなのでどちらも、決まってないの来られてもって感じなのかもしれません。

建築会社経由で仮審査なら、もう少しマシな対応していただけたのか?

3.私たちの信用情報

たぶんですが、ブラックリストには載ってないはず

・・・載ってるとまず、審査に通らないはずなので

この当時、私も妻もローンなし・・・と言うか、家を買うまで二人ともローン組んだことありませんでした。

たぶん、これは親の影響かもしれませんね・・・ローンを組むのは家だけにしなさいと言われてました。

金融リテラシーを育てる意味では、よくないかもしれませんが、無事にローンを組めたのは親のおかげかな

4.まとめ

建築会社にすすめられて銀行に話を聞きに行っても、家作りがある程度進んでないと銀行も相手にしにくいみたい。

建築会社が決まっている場合は、そこを経由して仮審査などをお願いすれば大体の場合できます。

審査ができるだけで、通るかはまた別問題ですよね。

今日はこの辺で

フミでした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする