【破産】小豆島で唯一の酒蔵が営むカフェ&バー『森國酒造 CAFE&BAR』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちはフミです。

今回は小豆島にある小豆島で唯一の酒蔵『森國酒造』さんが営む昼間はカフェ、夜はバーの『森國酒造 CAFE&BAR』さんを紹介します。

・・・記事を書いている途中ですが

なんと破産手続きを開始しているようです。

ですが一応こんな店でしたよという事を紹介します。

営業は第三者が継続するとか・・・

もう少しで瀬戸芸2019がはじまるというのに残念です。

小豆島は瀬戸内海で2番目に大きな島ですが、この大きな島には酒蔵がたったひとつしかありません。それが『森國酒造』さんです。

スポンサーリンク

『森國酒造』とは?

島の期待を背負って開業した小豆島唯一の酒蔵「森國酒造」さん。 その敷地内にある築70年の佃煮工場を改装してつくられたのが「森國酒造 CAFE&BAR」です。

MORIKUNIは小豆島で唯一の新しい酒蔵です。美味しいお水を求めて小豆島に渡り地域の人々に支えられながら島の地酒を復活致しました。

小豆島を愛し、伝統を守りながら、常に未来を見つめて、理想のお酒造りを追求致します。

美しい自然、文化、穏やかな人々。魅力あふれる小豆島から日本酒のある豊かな暮らしを提案し、全国から人が集い出会いを生む、そんな新しい蔵です。

(参照元:森國酒造公式HP

『森國酒造 CAFE&BAR』さんの場所とアクセス

森國酒造さんは小豆島の東側にあります。

『森國酒造 CAFE&BAR』の場所

住所:香川県小豆郡小豆島町馬木甲1010−1

『森國酒造 CAFE&BAR』さんへのアクセス

まず高松駅から小豆島までのアクセス

高松駅までそれぞれの方法できてください。

高松駅

↓ 徒歩10分

高松港

↓ フェリーで約1時間 大人690円 高速船で約35分 大人1170円

小豆島(土庄港)

小豆島(土庄港)から森國酒造さんへのアクセス

車の場合

土庄港から約16キロあり、約30分ほどで着きます

バスの場合

土庄港から約40分ほどかかります。バス停馬木から徒歩で約3,4分で着きます。

『森國酒造 CAFE&BAR』さんの外観

築70年の佃煮工場を改装してつくられいるのでかなり年季が入っています。

お店の入り口の近くには古い脱穀機?などもありいい雰囲気を醸し出しています。(酒蔵だけに)

もちろん酒蔵ですので杉玉?酒林もあります。

駐車場から森國酒造までの間にはmorikuniベーカリーと言うパン屋さんもあります。

『森國酒造 CAFE&BAR』さんの内部

古い作りで2階?屋根裏もあります。かなり急な階段を登ると1階を覗くこともできます。

お土産売り場ゾーンではお酒をオシャレに配置していました。

そして席もかなり落ち着いた雰囲気でゆっくりカフェ時間を楽しめそうです。

『森國酒造 CAFE&BAR』さんで甘いものを堪能する

甘いものを堪能する前に・・・メニューを紹介します。

森國酒造さんのメニュー

酒蔵という事もありお酒のメニューが豊富でした。しかし私は下戸中の下戸(生中1杯で2リバース)なのでどんな種類のお酒かは不明です。

森國酒造さんの甘いものを堪能する

ケーキセットを注文しました。

お皿とスプーンとフォークがアンバランス?かな

そしてドリンクはおちょこにシロップやミルクが入っており酒蔵らしいところが感じられました。

落ち着いた空間で甘いものとドリンクでカフェタイムをゆったり過ごすことができました。

まとめ

瀬戸内国際芸術祭2019で小豆島を訪れる時にもう一度行きたかったのですが破産してしまったようです。

営業は第三者によって継続のようです。

瀬戸内国芸術祭で是非小豆島を訪れてアートや自然を楽しんでください。

あわせて読みたい記事

瀬戸内海で2番目に大きな島です。ちなみに一番大きい島は淡路島です。かつて多くの農家が、果物や生花を育て、漁業や石切などを兼業し、冬はそうめんをつくっていました。地中海に似た気候なのこともあり、日本で初めてオリーブ栽培に成功したようです。そうめんやオリーブの他には醤油やゴマ油なども有名です。また『二十四の瞳』のロケ地としても有名です。
美しい海と自然の恵みに溢れる瀬戸内海には大小700余りの島があります。比較的温暖ですがどの島でも人口減少が進み、高齢化訪れ、徐々に活力が失われてきています。まるで日本の縮図を見てるようではありませんか?そんな島々に元気と笑顔を取り戻そうと2010年から始まり、3年に一度の開催ですが、回を重ねるごとに参加する島も増えています。そこで今回は、瀬戸内国際芸術祭2019のお得な楽しみ方を紹介しています。
美しい海と自然の恵みに溢れる瀬戸内海には大小700余りの島があります。比較的温暖ですがどの島でも人口減少が進み、高齢化訪れ、徐々に活力が失われてきています。まるで日本の縮図を見てるようではありませんか?そんな島々に元気と笑顔を取り戻そうと2010年から始まり、3年に一度の開催ですが、回を重ねるごとに参加する島も増えています。そこで今回は、是非とも訪れてほしい島を紹介しました。
小豆島の特産である手延そうめんの試食や実演がある「手延そうめん館」をはじめ、オリーブ、醤油、佃煮などの特産品の販売、宿泊施設なども完備。恵まれた自然環境の中で、すもも狩りやカヌー教室、ます網、サイクリング、釣り、テニス、バーベキュー、キャンプ、夏にはプールと滞在型、参加型で思いっきり遊べるスポットです。
日本のオリーブの発祥の地にある「道の駅」です。見晴らしの良い喫茶店がある白亜のオリーブ記念館を中心に様々な施設があります。また魔法のほうきも無料レンタルでき魔女の宅急便ごっこなどもできます。さらに眼下に広がる瀬戸内海とともに日本のエーゲ海を思わせる。
大坂城残石記念公園は小豆島北部地域のほぼ中央に位置しています。当駅は徳川幕府の大坂城拡張・修築工事の際、石垣石の産出を行った場所でありました。石文化を伝える展示施設が整備されており、石づくり体験もできる。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする