2018年を振り返る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

みなさん

フミです。

今日で今年も最後ですね。

今日は家作りとは関係ありません。

2018年を振り返ります。

その前にお前は誰だと思われた方はこちらをお読みください

自己紹介のページです。このページを見ればフミの事は、だいたいわかります。

今年を漢字一字で表すとですかね。

一年間安定していたのではないかと思います。

・・・つまり特に何も変わったことがなかったということです。

いやいや仏教用語で定は

心をひとつの対象に集中し心の散乱がないという精神の作用や、そのようにすることや、定まっているその状態を指す。(参照元:wikipedia)

らしくブログに集中はできていたのではないかと思います。心はいつも散乱している状態で安定しています。

スポンサーリンク

2018年の年始に立てた目標は達成できたか?

年始に一応ブログで目標を発表してました

詳しくはこちら

2018年の目標をまとめてみました。今年もいろいろあると思いますが精一杯頑張ります。

毎日1記事以上書く

これは・・・書くという点ではできてませんが一日一記事はUPできていたので達成

一年間続けるのって結構大変でした。

何年もブログ続けている方は本当にすごいなと実感しました。

ってことで来年も一日一善じゃありませんが、一日一記事UPできるように頑張ります。

・・・そして記事のクオリティもあげれるように頑張ります。

住宅ローンを順調にかえす

これは胸をはって出来たといえます。・・・借りた物は返す。当たり前のことをしているだけですが。

写真を5,000枚以上撮る

難しいと思っていましたが一眼レフで約7000枚、スマホで1000枚ぐらいは撮っているようです。

枚数はクリアしたのですが、写真のクオリティは・・・何とも言えない状況です。

来年は記録としての写真ではなく、作品としての写真を撮れるように頑張ります。

一ヵ月に2冊以上本を読む

これはできてません。

しっかり数えてないこともありますが月に一冊ぐらいしか読めてません。

来年は必ず月に2冊以上本を読みます。

住宅関連の見学会やイベントに月に2回ぐらい行く

これもできていません。・・・興味がもてるイベントや見学会が少なかったことと。

見込み客でない私の対応をしてもらうのは悪いなと考えたので回数はかなり抑えてます。

来年はNハウジングさん関係のイベントに参加はさせていただきますが、他はまだ未定の状況です。

体重管理に気をつける

昨年同様、一時期危険水域まで体重が増えていましたが、今年は食事管理だけではなくジョギングも2ヶ月ぐらいして体重を減らした。

何もしてないとやはり増えるので、ある程度運動も必要だと感じた。

来年も体重管理に気をつけるとともに定期的な運動を行いたい。

フォトコンテストに入賞する

入賞とまで言えるかは不明ですが秀作に入りました。

来年は昨年や一昨年と同様に最優秀賞を目指します。

半分ぐらいしか目標が達成できていません。来年は量だけを追い求めず質も上げないといけないとひしひし実感しております。

一年を振り返る

昨年の11月~今年の6月にかけて四国の道の駅を制覇

2018年一年で讃岐うどん店約80店舗を巡る。

一日一記事UP

3月で新居に住みはじめて一年たち、新居が快適。

3月末パートナーの誕生日に足摺方面に一泊二日の旅行

4月桜を見に行く(紫雲出山など)

5月GWに廃校水族館に行く

詳しくは

今回は高知の東の端にあるむろと廃校水族館に行ってみました。ちょっと遠いですが私的にはかなり楽しむことができました。このような廃校の活用方法これから様々な所で行われていくのではないかと思います。また大人600円子供300円と安価です。

5月中旬愛媛の宇和島方面に旅行

6月は小豆島で魔女の宅急便ごっこをする

7月花火大会などの写真を撮る

8月津島神社、阿波踊り、四国カルスト、はあちゅうVSイケハヤの対談を聞きに行く

 

9月は内子の内子座で舞台にたち

10月はお祭りに参加&写真をいっぱいとり

11月は友人の結婚式と結婚4周年の福岡&大分旅行

12月は・・・チームラボ高知城光の祭に行きました。

まとめ

今年も充実した一年でした。

しかし、目標は半分ぐらいしか達成できませんでした。

時系列で振り返ると四国内をかなりウロウロしましたが、まだまだ行けてない場所もかなりありますので来年も引き続き四国内をウロウロします。

おすすめの場所があれば教えてください(できれば四国内で)

来年も自力本願で充実した一年にします。

それでは皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする