【第百六話】家作り物語 家具の実物を見るために海(四国)外へ

今回は、わざわざ一つの家具を見るためだけに本州まで行った話です。直接体に接する家具は、できれば体感して決めることをおススメします。またベッドのマットレスのはお金をかけるべきです。体にあわない物を選ぶと睡眠の質が悪くなり、生活に支障をきたすことがあります。マットレスに関しては健康への投資だと考えてください。

【第百四話】家作り物語 WICの容量を簡単に2倍にするには?

WICの容量を簡単に2倍にする方法を書いています。ただし間取りによってはできない場合もありますし、そんなこと必要ないぐらいに広いWICとれている人もいると思います。WICだけに限る話ではないのですが、自分たちの生活をなるべくイメージすることで間取りでの失敗は減らすことができます。

瀬戸内島めぐり 高見島

綺麗な三角形をした島で、近くの島の中で『一番高く見える』ことから高見島と名付けられたと言われています。その象徴となるのが塩飽諸島で2番目に高い標高297メートルの竜王山。昭和30年代には除虫菊の栽培で、収穫期には除虫菊の花に覆われ山は真っ白になったようです。

【第百二話】家作り物語 フローリングは無垢?それとも・・・

無垢フローリング、複合フローリング、それぞれにメリット、デメリットがあります。どちらか一方だけを見るのではなく、よりメリットを感じるのはどちらかを考えてください。また面積が大きく、選ぶものによってかなり印象が変わりますので、家具や壁紙とのバランスも考慮して最適な床材を選びましょう。

【第百一話】家作り物語 外壁の施工・・・釘打ちなんてありえない

窯業系のサイディングで今も釘打ち工法を採用してる建築会社があれば・・・時代錯誤も甚だしいそれとも、先のメンテナンスの商売まで考えて釘打ちを工法を採用しているのではないかと邪推してしまいますが・・・初期費用だけを見ずにランニングコストまで含めたトータルコストを考えてください。

入居宅訪問で必ずすべき10の質問と受け入れる側の準備すること

みなさん家創りの最中に入居宅訪問をしましたか?知らない人の家に行くでの緊張すると思います。しかし、入居宅訪問でしかわからないこともあります。せっかくのチャンスなので聞きたいことをスムーズに聞けるようにしましょう。また受け入れる側も少しは準備はいりますね。どちらもよかったと思える入居宅訪問にしてください。

家作り物語【第九十一話~百話】基礎が終わり棟上げさらにはまたしても事件

家作りにかかわらずなんでも完璧な方がいいのは言うまでもありませんが、構造上問題なければ多少のズレなどは許容すべきだと思います。しかし、正確に施工しないと必要な性能がでないこともありますのでご注意ください。初期費用だけを見ずにトータルコストで考えたほうが将来の負担はへります。