なるべく早く知っておきたい5つのお金のルール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさんこんにちは

フミです。

今回はなるべく早く知っておきたい5つのお金のルールを紹介します。

できれば20歳ぐらいまでに知っておきたいのですが・・・

今からでも知らないより知っている方がいいに決まっています。

お金に関しての事は学校でも会社でも教えてもらう事はできません。金融リテラシーの高い親なら小さなころから教えているかもしれません。

お金に関してのルールを理解しているか、理解してないかで、人生で数千万円の差がつくこともあります。しかし、学校でも、会社でもまず教えてくれることはありません。

最近では、学校教育の一環としてお金の勉強を組み込まれ始めましたが、まだまだほんの一部の学校で普及しているとは言えません。

お金のルールと聞くと難しそうに感じますがそんなことはありません。今回は5つのお金の法則を覚えてください。この5つを知っているか、知らないかでかなりかわってきます。

まず5つのルールをすべて紹介しその後にここに詳しく見て行きます

  1. 沢山稼げれば人生は容易になる
  2. 収入以上に使う事はできない
  3. 借金は未来の自分の可能性をせばめるかもしれない
  4. 理解できない保険には入るな
  5. 投資をするかしないかで未来に差がつく

それでは一つずつ詳しく見て行きましょう

スポンサーリンク

ルール①沢山稼げれば人生は容易になる

会社で最も教えてくれない事の一つに『年収の増やす方法』があります。会社もなるべく安い給料でいっぱい働いてほしいので教えてくれるわけありませんよね。

より多く稼ぐことでより多くの物を買ったり、より多く貯金できたり、より多く年金を貰えるようになります。

ですので、より沢山稼ぐ方法はないのか、若いうちは常に考えながら行動するべきです。

ルール②収入以上に使う事はできない

収入以上にお金を使う事はできません。人生を通じて収入と支出の関係は「収入>支出」になるように生活していかないといけません。

欲しいものがあってもお金がないと買うことができません。そこでの選択肢は二つです。お金を貯めて買うか、諦めて買わないかです。

そして「収入>支出」の差を貯蓄として、それを将来のために蓄えていくことを一生続けていくことが普通の人の人生です。

年収の20%を貯められる人は、収入の多寡にかかわらずお金に困らない人生になります。

ルール③借金は未来の自分の可能性をせばめるかもしれない

人生で許される借金は普通の人なら、住宅ローンだけです。普通じゃなく事業などの才能がある人はどんどん借金してもかまわないと思います。

一部の借金を除いては借金は人生における無駄です。確かに借金をすれば今欲しいものを買う事はできます。しかし、借金をすると利息を払わないといけません。

つまり借金しなくていいのなら、利息分別の物が買えると考えることもできます。できるだけ借金を減らすことが未来の自分の可能性を拡げます。

ルール④理解できない保険には入るな

社会人になれば、生命保険の勧誘などをされることがあります。被保険者の情報もしらず自分が売りたい保険をすすめてくることがほとんどです。

すでの社会保険が適用されている正社員であれば、健康保険、雇用保険、年金制度などにより、病気やケガ、失業などのリスクのかなりの部分を公的にカバーしています。ほとんどの民間の保険の必要性はありません。

独身の20代の人が1000万円の死亡保障がついた保険に入る必要はありません。そのお金があるのならば、貯蓄するか、収入を増やすために自己投資に使うべきです。

保険に入るにしても保険をしっかり理解して優先順位を決めて保険に入るべきです。

保険についての優先順位の記事はこちら

保険貧乏に陥らないために優先順位を考えよう

ルール⑤投資をするかしないかで未来に差がつく

現在の預金金利では、預貯金をしてもほとんどお金が増えず、手数料のかかる時間帯にお金をおろすとお金が減ってしまうこともあります。

ですので投資をするべきです。いやしないことは預貯金だけの場合より、リスクがあると考えてもいいでしょう。

現在では投資の情報などは、素早く沢山入手することが可能です。投資に対する手数料なども昔に比べるとかなり安くなっています。さらにNISAやiDeCoなど税金の面で有利な制度もあります。

40年間定期預金した人と、国内外に株式投資した人では資産格差が2.4倍もできてしまいます。同じ仕事をし、同じ収入であっても投資をするかしないかで、かなりの資産格差ができ老後の生活に大きな違いがでてきます。

最低でも、金融機関に退職金をカモにされないためにも、投資の知識と投資の経験を働いている間に得ておきましょう。

まとめ

今回紹介した5つのお金のルールは、なるべく早く知ることで、将来の生活の豊かさがかなりかわってきます。

知るタイミングが遅ければ遅いほどお金の面で遠回りすることになります。

まずはお金のルールを知り、それぞれを深く考えてみてください。そうすれば将来の自分に明るい未来が訪れる可能性は高くなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする