見学会に行ってみた(平屋の家) PART6

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

みなさん、こんにちは

フミです。

このブログを初めて読む人で

今日は女性建築家が作る平屋の家です。

なぜ行こうと思ったか・・・

本当は私も平屋の家を建てたかったからです。

土地的にも予算的にも無理でした。

オマエもう家建て終わってるんじゃないの?と思った方正解です。

終わっているのですが、まだ、いろんな家やハウスメーカーに興味があるのです。

たぶん、きっと、2回目家建てることはないと思いますが、

リフォームすることはあると思うんですよ。

その時に、少しでも参考にできたらいいなかって考えての行動です。

ほんで、見学会はどうだったか?

スポンサーリンク

1.家の情報

土地約80坪に27坪の平屋でした

今のところ間取りは2LDKでした。将来的には3LKにするかもと言ってました。

今のところ3人家族のようでした。

2.家の質感

自然素材を使い、無垢の床で漆喰の塗り壁?でした

ちょっと雑かもと思った部分は、漆喰と造作の物の間に若干の隙間があるところがありました。

3.家の性能

施主兼女性建築家さんに聞くと性能はきにしてませんと・・・

自分が納得してるのならそれもありなのか

性能は気にしてないと言われると断熱材は何ですかとかUa値とかC値とかさすがにきけませんでした。

見える部分は窓はエピソードNEOで引き違いの窓も多数使用。

エピソードNEOはYKKの半アルミ半樹脂サッシ熱貫流率もLOW-E複層ガラスで2.33~で普通の複層ガラスでは3.49~

そして窓のサッシにガラリがついてました。こんな仕様があることに驚きました。

第三種換気らしいです。

玄関も引き戸でした。

4.家で感じたこと

南面が畑で、南面に大きな引き違いの掃出し窓が3個あり、日射取得ができてはいましたが・・・

正直寒かったです。

いくら日射取得ができても、家の性能が悪ければ寒いのを実感できる家でした。

自然素材やタイルなどをしっかり使い非常にオシャレでした。

あと太陽光もいっぱい(20kW前後)載せているみたいでした。

それぐらい載せていれば年間40~50万円分ぐらい売電できるのかな?

5.平屋の価格

施主兼女性建築家さんに聞くと坪70万ぐらいかかっていますとの事

この性能の窓を使ってもそれぐらいかかるのかと驚きました。

タイルとか漆喰にお金がかかっているのかな

私だったら太陽光のパネルを減らしてそのお金で、もう少し家の性能をあげることにお金を使うかも。

6.まとめ

家の性能については施主兼女性建築家さんが(たぶん?)納得して決めているのだからしょうがないですが、あまりにも時代とかけ離れてるのではと思いました。

やはり平屋は動線が短くてすみ、上下の移動が無いので、年を取り足腰が弱くなった時の事を考えれば最良の選択なのではと再確認できました。

性能をどこまで求めるか、間取りをどうするか最終的に決めるのは施主さんなので施主さんが納得すればなんでもありなんだなと

今日はこの辺で

フミでした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする