【第三回】失敗しない土地探しの方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

みなさん、こんにちは

フミです。

土地を安く買う方法って、ありますか?

とみなさん考えますよね。

同じものなら、なるべく安く買いたいと思うのは普通です。

建物は値切ると手抜きされるかもしれませんが、土地は同じものです。

だから、土地は価格交渉してもいんですよ。

安く買わないと損ですね。

そこで、今日は、同じ土地を安く買う方法を紹介します。

スポンサーリンク

1.分譲地で売れ残りを探す

分譲地というのは、売るためだけに作られた土地です。

業者(売主)は、早く売りたいわけです。ずっと売れないと、値引きされます。

でも、買主が売れ残ってるから、安くしてと言わないと安くしてくれません。

言うのはタダですから是非言いましょう。でも、気を付けてください。売れ残りには、理由があるはずです。それを確かめてください。

2.売り急ぎの土地を探す

分譲業者と違って、一般の方が土地を売るにはいろいろな理由があります。

いつか売れればいいという人もいれば、早く売りたいという人もいます。

これも、一つ目と根本的に同じなのです。

急ぐか、いつでもいいか、という違いです。

例えば、

急いで売りたい理由に、相続税の納付があります。

そういう人は、相続した土地をなるべく早く売りたいと考えます。

一方、先祖代々の土地だから、なるべく手放したくないという人もいます。

しかし、最近は、早く売ってお金に換えたいって人が多いです。なぜかというと、昔と違って土地の価格があがるなんて事は、ほとんどなく、下がる一方だからです。

また、会社なら倒産、個人なら破産というケースです。

つまり、そのような売り急ぎの土地は、値引き交渉できるということです。

そこで、勘のいい人ならもうおわかりでしょう。

買いたい土地があるなら、不動産業者に、

どうして、売りに出されているんですか?

と聞いてください。

売り急いでいるなら、安く買えますね。

この質問ちゃんと答えてくれる業者さんは、良い業者さんですね。

なぜなら、買主さんのことを考えてくれる業者だからです。

ですから、是非とも、聞いてください。

3.競売物件を探す

「競売」って聞くと、問題のある物件と感じるかもしれません。

しかし、競売物件は裁判所が売主で、入札で行われる正当な取引です。

価格ですが相場の5割~8割ぐらいで購入できます。

ただ、登記の関係が複雑だったり、いさぎわるい人がいて、落札しても、退去してくれなかったりします。

中古住宅は、中を見ることが出来ません。

そのような理由から、債権とか債務とか登記とかに詳しいにはおススメできる方法ですが、詳しくない人は、専門家に手続きを代行してもらうなどの方法があります。

4.買いたい価格の理由を説明する

買主が、買いたい価格の理由を説明する

これが、究極の方法だと思います。

ちゃんと説明できれば、説得力があり、効果もあります。

不動産価格に定価はありません(相場はあります)。

売値は、あくまで売主の希望です。値段の根拠も曖昧なこともあります

例えば中古住宅なら「ローンを完済できる金額」

とか、土地なら「何千万以下では売りたくない」などです。

もちろん、不動産業者が、「この辺の相場はこれぐらいなんで、これぐらいで様子みますか?」というアドバイスもあるでしょう

でも、価格を決めているのは売主です。

スーパーで値引きするお客さんは、あまりいませんが、

電気屋さんなら、値引きを求める人が沢山います。家電製品より高い不動産だって、どんどん値引きを要求していいんですよ。嫌な顔されるかもしれませんが・・・

ですから、不動産も、価格交渉できることを知ってください。

もし、あなたが値切るのを嫌がる業者がいれば、その業者はしんようできません。

業者は買主であるあなたの代理ですから、あなたの味方のはずですから。

業者が売主の代理も兼ねていたら中立ですが。

どのような理由で、その価格にしてほしいかをしっかり伝えてください。

例えばですが

全体の予算が3000万で、建物に2000万必要なので、土地代は1000万までなんです。

単に1000万にして欲しいというより説得力があると思いませんか?

別に、どんな理由でもいいんですよ。でも嘘はいけません。

5.売主から直接買う

なぜかというと

それは仲介手数料を払う必要がないからです。

業者を通すと仲介手数料として

売買価格(税抜き)仲介手数料(税込)
200万円以下5.4%以内(5%×消費税)
200万円超~400万以下4.32%以内(4%×消費税)
400万円超3.24%以内(3%×消費税)

これだけの額が必要です。

例えば1000万円の土地なら、手数料として38.8万円必要です。

でも、売主が不動産業者なら、法律で請求できないことになっています。

ですからみなさん、売主が誰か調べてください。

6.フミが買った土地はどんな土地

6区画ある分譲地で、残り2区画の1区画を買いました。

売主は、フミが建築をお願いする工務店で仲介手数料はかかりませんでした。

一応値引きして~といいました。

敷地内に電柱があること、地役権が設定されていることを理由として値引きしてもらいました。

今日は、そんなに難しい話はなかったはず

フミでした~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする