【第五回】失敗しない土地探しの方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

みなさん、こんにちは

フミです。

みなさん、土地の情報は、どうやって得てますか?

不動産情報誌、新聞広告、最近ならインターネットでも情報が得られますね。

その情報中で、いいなと思う分譲地は、ほとんど「建築条件付き」ですよね。

建築条件付きと言うのは、みなさん御存知だと思いますが、土地と建物がセットになっている土地のことです。土地と建築業者がセットになっており、手間は減りますが・・・

建築業者が選べないんですね。それが、良い家を建ててくれる業者であればいいんですが・・・

そうじゃない場合が多いんです。

分譲業者の多くは、利益優先で家を建てます。もちろん、分譲業者の中にも良い家を建てることもあります。あるにはありますが、一握りだと思っていたほうがいいでしょう。

ですから、もし自然素材で建てたいと思っても、できない場合もあります。そこで今日は、分譲地にあなたが建てたい家を建てられる方法を書きますね。

その前に、なぜ条件付きなのか、説明しますね。

おおまかには2つのパターンがあります。

まず、その土地を販売してる業者が、建物を建てる。

もう一つは、分譲業者がハウスメーカーと提携している場合です。この場合は、ハウスメーカーは分譲業者に、(バックマージン)手数料を払います。

家を建てるお客さんを紹介していただいた対価ですね。

まぁもちろんそのお金は、家を建てる人が負担することになるんですが。

分譲業者は利益優先なので、良い場所、人気の場所を確保します。

いい所というのは、駅に近い、スーパーや病院などが近いところです。

このような場所は、業者が自分で買主を見つけます。

しかし、少し条件が悪い場所の時は、大手ハウスメーカーと提携します。

ハウスメーカーの営業マンが売ってくれるからです。

『建築条件って外せるの?』

そう、思ってませんか?

もちろん、外せる場合もあります。

それでは、条件をはずす方法を書いていきます。

スポンサーリンク

1.金額を上乗せ

条件を外す一つの方法は、坪あたりいくらか上乗せします。

例えば60坪の土地だと、60×X円です。

一概にいくらと言えないのは、元の土地の価格や、ハウスメーカーからもらうバックマージンがまちまちだからです。

つまり、ハウスメーカーから入るお金を肩代わりするということです。

まずは、条件を外せるかどうか分譲業者に聞いてください。

ダメといわれたら、どんな条件ならはずせるか聞いてください。

それでもダメならあきらめてください。

2.条件が外れるまで待つ

上乗せしなくても、条件を外してもらう方法があります。

それは、長く売れ残ってる分譲地です。

売れてない原因は、さまざまですが

例えば、相場より高い、場所や形が悪いなどです。

長期間ってどれぐらいかというと、半年から一年、もしくはその分譲業者の決算月とかですかね。

探し方・・・そんなの簡単です。不動産情報誌もしくはインターネットです。掲載されているのはすべて売れ残っている土地です。いい土地は、広告なんかうたなくても売れますから。

いいなと思うところがあれば、分譲業者に聞いてください。

売れ残ってるんだから、今度は値切るチャンスです。

ちょっとした裏技というか、当たり前のことですが

いきなり一見さんに、条件外してくださいと言われるのと、もうすでにある程度、人間関係できている人が条件外してというのは、結構違いますよね。

なので、もう家を建ててもらうハウスメーカーや工務店が決まっている場合は、その人を通してみるのも一つの手です。

3.フミが条件外して貰おうとした話

先に結果を言います。失敗しました。

その前に、一つお話が・・・

フミは地元で家を建てたので、分譲する前の工事(擁壁とか給排水の工事)してる時に、とある分譲業者に行って、

「あそこって分譲地にしようとしてます?」と聞いたら、

「はいしてますよ。どこで聞いたんですが?」みたいな話になって、まだその分譲業者のお客さんにも、情報流して無いときでした。

そして分譲の区画図を見せてもらい、ここいいかもって場所がありました。それも条件なし・・・でも、その時は手付をせず帰ってしまいました。

すると、その次にその業者を訪ねた時には、もう違う人が、予約しており、後の祭り状態・・・ってこともあるので

買ってもいいかもと思った時は、土地買受申込書を出しときましょう。だしても、価格交渉もキャンセルもできますので。土地はタイミングも大事です。

で本題はってそこの分譲地は8区画あり、1区画は建売、2区画は条件付き、2区画は売約予約、そして残り3区画が残っており、その中の一つの区画も先ほどの話の通り、予約が入ってました。

そこで条件付きの区画の条件を外そうと思い、坪あたり2万上乗せを限度に、その分譲業者(の社長)と交渉しましたが、相手はいっこうに首を縦にふらず交渉は失敗しました。一応その時(5月ぐらい)に、いつまで売れ残ったら条件外しますかって聞いたのですが・・・来年位と言われたので、もうすぐに諦めました、もっと早い時期に外すと言われたら、一か八かまってみてもよかったのですが。

とりあえず、ここでその話は終わりなのですが・・・

いや、いやいやいや、まだあるぞ

その4ヶ月後条件外れてるじゃないか・・・4ヶ月なら待つし

これは、結構凹みましたね。不動産業界って怖いって実感した出来事でした。

この失敗のおかげで、今の家が建っていると前向きに考えよう。

今日は、これまでちょっと失敗談が長かったですが最後まで読んでいただけましたか?

フミでした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする