30代の平凡サラリーマンの資産運用の状況を公開【2020年1月末】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさんこんにちはフミです。

ブログでも何度もお金の話をしてきましたが・・・そんな事書いて君はどんなことをしているの?と思っている人もいるかもしれませんので

今回は30代の平凡サラリーマンの資産運用を公開したいと思います。

なぜ資産運用をはじめようかと思ったかといいますと

  • 年金が本当に貰えるかわからない・・・
  • お金に縛られない生活がしたい・・・
  • できればアーリーリタイア・・・

将来のお金に対する不安から始めたわけです。

現在の状況をできる限り公開して、誰かの参考になれば幸いです。

2020年の投資方針はこちらを見てください

今回は、2020年の投資方針および、もっと長期的な投資の目標を見えるかし、ブログに書くことで退路を断つつとともに誰かの参考になればと思います。長期的な目標は25年後に金融資産5000万円を目標にたんたんと積み立てていく。2020年の目標としては積立額を増やし、25年後の目標を達成できるようにすることと個別株の売却です。
スポンサーリンク

2020年2月1日の資産状況

(※これ以外にも預金や保険や仮想通貨などもありますが今回は割愛させていただきます)

どれぐらい積み立ててるの?

  • 積立NISAを毎週買い付けし年間で約40万円積立
  • 積立FXで毎月約1万円
  • ウェルスナビ(ロボアド投資)は毎月1万+ボーナス月は+2万

まとめると

金融商品年間積立額
積立NISA約40万
積立FX約12万
ウェルスナビ16万
合計約68万

月に約5.67万円ほど積み立てていることになります。

これに楽天ポイントで月に1000円ずつ投資信託を購入しています

個別の金融資産の状況

個別の金融資産について見ていきます

SBI証券口座

SBI証券口座は元本より約2万円ほどマイナスになっています。

新型コロナウイルスの影響を受けて下がっていた時期です

積立NISA

積立NISAは含み益が約10%ですが、まだまだ先が長いので淡々と積み立てるのみです

積立FX

毎月1万積立と書いていますが、年末に次の年の保証金をいれていますので元本は来年の1月までかわりません。

こちらも新型コロナウイルスの影響で円高が進んでおり元本から約2.4万円ほどマイナスでした

FX自動売買

これはあるブログの影響で2018年12月の下旬から始めましたのでまだまだ期間が短いのでこれからどうなっていくか楽しみです。

こちらも新型コロナウイルスの影響で円高が進んでおり元本から約5.4万円ほどマイナスでした

1月1日時点で+約3万で一ヶ月でここまでマイナスになるのでリスクが高い商品かもしれません

ウェルスナビ

ウェルスナビは投資知識が無くても始められる資産運用サービスです。

2017年6月に30万円入金し、それから42万円ほど積み立てています。現状プラスになっていますがまだまだ先が長いので淡々と積み立てます

運用期間が2047年7月までの予定とまだまだ先が長いので、粛々と積み立てていきます。

ウェルスナビのメリット、デメリットについて私が詳しくまとめた記事はこちら

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

クラウドバンク

クラウドバンクは資産運用をしたい個人と資金調達をしたい国内外の企業をマッチングする融資型クラウドファンディングサービスです。インターネットを活用することで小口資金を集約して大口化します。(引用:クラウドバンク)

こちらは2017年7月頃より運用を始めトータルの投資金額を100万まで増やしました。当面は投資金額は増やさず運用していくつもりです。

1月は年利換算で税引前の利回りは6.2%でした。

クラウドバンクの平均利回りの実績は6.79%らしいので1月は成績が悪かったようです


楽天証券口座

昨年の途中よりポイントで投資信託を自動積立しております。

今はポイント投資だけですが、そろそろインデックス系の投信をカード払いで積み立てる予定です

昨月の金融資産の評価額の比較

新型コロナウイルスの影響で外貨関係が大幅にマイナスになったことで、トータルでマイナス約10万円になりました。

新型コロナウイルスの影響がおさまり回復を願っている。

資産運用の状況のまとめ

新型コロナウイルスの影響で一番下ったぐらいの時の資産の状況です

コロナウイルスの影響がおさまればある程度回復すると思われる

将来のことは誰もわかりませんのでリスクヘッジとして資産運用をしましょう。

預金をしたとしても利息はあってないようなものですし、インフレすれば現金の価値は目減りします。

投資はなるべく早くから始めることで、毎月の積立金額も少なくできますし、リスクもとることができます。

スポンサーリンク
おすすめ記事

おすすめ記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする