【第五十八話】家作り物語 信金の仮審査の結果・・・満額

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

みなさん、こんにちは

フミです。

この物語は、フミの家作りの軌跡を思い出しながら書いていきます。

このブログを初めて読む人で

記憶違いや大げさな表現や乱暴な言葉使いがあるかもしれませんがご容赦ください。

そして方言丸出しかもしれませんが・・・

さらに、そんなもん興味ないわと思われているかたもいるかも

でも書きます。

その当時のプランや間取りがあまり出てこないのは、

引っ越しの際にほとんど捨ててしまったのでご容赦ください。

今日は友人が勤めている信金の仮審査の結果を書きます。

先に結果書きますね

・・・・満額

・・・・・・・・満額

はい耳を疑いました。

ってことでいくらで審査を申し込んだか知りたい人はこちら

今日は、銀行と信金に仮審査をした時の事です。仮審査に必要な書類をしっかり集め提出することで仮審査を受けることができます。書類なしには金融機関も審査してくれませんのでお気を付けください。
スポンサーリンク

1.なぜ満額回答が貰えたか?

あくまで友人から聞いた話ですが・・・

本当は減額予定だったみたいです。

そりゃ年収と審査額をみれば普通なら減額ですね。

しかし、私の属性?職業と勤め先と妻の職業まで勘案した結果、満額回答頂けました。

・・・やっぱり私だけではダメだったんですね。

これは建て前で、友人が自分のノルマのためにがゴリ押ししたのかもしれませんが・・・詳しくは不明です。

2.信金の対応

友人でしたので何でも言いやすかったですね。

あと地銀と違い組織自体が小さいので、杓子定規に判断せずに細かいところまで見ているようでした。

また地銀とは違い回答までの期間は短かったです。

あと何か足りなことがあれば、わざわざ職場まできてくれました。

これが信金の普通の対応がわかりませんが、私は地銀との対応の差に驚いたのは事実です。

3.地銀と信金との金利

満額と減額との結果の違いはありましたが、

3000万円借りるつもりでしたのでそこで大事なのは金利です

地銀はフラット35S(A金利)に近い利率でした。

信金の金利は地銀+0.2%ぐらいでした。

こうなると考えるまでもなく地銀になるのですが・・・

友人が最低でも同じ金利までするからちょっと待ってくれと

手数料などの面では信金の方が安かったので、金利が同じになれば総支払額は信金の方が安くなります。

・・・私はいい友人と出会えたのかなそれとも友人は営業成績どうしてもほしかったのかな

4.まとめ

仮審査の基準は年収や借入額だけでなく、借りる人の属性まで見ている場合もあります。

いい属性とは、公務員、インフラ関係、一部上場、高度専門職(医師、弁護士、公認会計士など)、看護師、薬剤師などのようです。

潰れにくい勤め先だったり、ある程度収入があり転職が容易な職業がいい属性らしいです。

金利も大事ですが、一番大事なのは総支払額です。金利だけを見て決めないでくださいね。

今日はこのへんで

フミでした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする