【必読】こんな外構業者には気をつけろ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちは

フミです。

このブログを初めて読む人で

家は建ちました・・・

次にすることは?外構ですよね

その外構なんですがちゃんと考えている人が少ない。

値段だけを考えている人が多いのが実情じゃないでしょうか。

家作りに関しては、性能や安全性やメンテナンスの事まで考える方が増えてはいます。

しかし外構になると、見た目だけ重視したり、金額だけ重視したりしていませんか?

今年は地震や強風でブロック塀が倒れたりカーポートが壊れたりすることがありました。

これは自分の家だけに迷惑がかかるのならいいのですが、近所や他人に迷惑をかける恐れがあるので安全性が第一です。

もちろん見た目や価格も大事ですが・・・安全性をしっかり考えれる外構業者を選びましょう。

そこで今回は選んではいけない外構業者を紹介します。

スポンサーリンク

現場を一度も見に来ない

これは家創りでもそうですが、図面には周りの家や、環境が書かれていることはほとんどありません。

それなのに図面だけで、そこからプランを作るような外構業者もいます。

周りの状況で、外構もかなりかわってきます。

さらにその図面どおり家が建っているかもわかりません。

測量までしろとは言いませんが、一回は現場を見にきて、写真を撮るなりなんなりするべきです。

こんなカーポートの施工をする業者は施主のためを思っていない

とりあえず2枚の写真を見てください。

どちらが施主の事を考えたカーポートの施工だと思いますか?

もちろん2枚目の写真のカーポートの施工が施主の事を考えています。

一枚目の写真は雨樋から直接水がでていますね。雨樋から水がでるともう少しあとになっていますがコンクリートが汚れます。

二枚目は雨樋が何か地中に繋がっていて水がどこに行ってるか?とお思いの方もいるでしょう。これは雨水枡につないでいます。

二枚目のようにすることでコンクリートの雨水での汚れもかなり減ります。

かなりお金がかかるかと言われるとそんなにかかりません。

そして一枚目の写真はコンクリートの色が周りとは違いますよね。別々の業者に頼んだが施工した時期が違うかどちらかわかりませんがあまりきれいではありませんよね。

このような細かいことができるかできないかでその外構業者のレベルがわかります。

なので外構業者さんを選ぶ時はカーポートの施工を見せてもらってください。一枚目のような施工をする会社は避けた方が賢明です。

塀の塗り壁をすすめる業者

この写真を見てもらえば一目瞭然です

かなり黒く汚れていますよね。

私はこんな外壁が汚れまくっている家に住みたくはありません。

たしかに塗り壁は安いですが、短ければ1年以内に汚れ、年月がたつにつれてかなり汚れます。

そして汚れをとろうと思うと結構な費用もかかります。

家作りと同じで初期コストは安いがランニングコストが高い典型が塗り壁です。

汚れたままでいいと思う人以外採用しない方が賢明です。

そして見積もりを安くするために塗り壁をすすめる外構業者にもご注意を

まとめ

上記の3つをクリアすれば、ある程度信用できる外構業者さんです。施主の事を考えている≒安全性も考えていると言っても過言ではありません。

ここからは家作りのと同じように、自分に合った業者さんを選んでもらってかまいません。

最後に、しっかり保障やアフターサービスを確認して外構業者さんを選んでください。それぞれの業者さんでかなり違いますので。

今日はこのへんでフミでした。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑  ↑  ↑
もっと頑張れと思う方はポチっとお願いします

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする