【外構】砂利敷きの費用ってどれぐらいかかるの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちは

フミです。

このブログを初めて読む人で

今回はの外構の砂利敷きの費用がどれぐらいかかるか考えてみたいと思います。

我が家では相見積もりをとったため砂利敷きの見積もりを比較することができました。

スポンサーリンク

砂利敷きが必要な理由

まず我が家に砂利敷きが必要な理由を紹介したいと思います。

砂利もしくはコンクリート敷いてない場合

青まるで囲んだように草が生えてきます。さらに赤で囲んだ部分のように土や泥が車のタイヤにつき家の前の道を土だらけ泥だらけにしてしまいます。

この前の道が自分だけしか通らない道なら土や泥だらけにしてもかまわないかもしれませんが同じ分譲地の人も通りますので、なるべく迷惑にならないようにと考えました。

草のけんですが敷地が広いこともあり、何もしないと草の処理をしないといけないスペースが広大でした。

私の実家はかなり土の部分が残っており、草引きにかなりの時間をとられていたので、そんなことに時間を使いたくなかったのも砂利敷きにする理由です。

砂利敷きのスペース

下の外構図面の○で囲まれてない部分は砂利敷きです。

かなり範囲が広いので土間コンの選択肢は消えました。

砂利敷きの費用はどれぐらい

今回紹介するのはあくまで我が家が見積もりをとった外構業者さんの砂利敷きの費用です。

面積や砂利の種類、防草シートなどによって費用はかなり変わってきます。

まず砂利を敷くまでの手順を紹介します。

  1. 雑草を根元から抜きます。
  2. (土を掘り、かさを減らし)、整地、転圧などを行います。
  3. 防草シートを丁寧に敷きます
  4. 砂利を敷き、均します。

かなり簡単に説明するとこのような流れです。

測量までして頂いた外構業者さんの見積もりは

20mm砕石敷き、敷き厚50mm 86.3㎡ 86300円

防草シート:ザバーン240    86.3㎡ 86300円

掘削、残土処分、諸経費は他の場所と一緒に見積もられているので正確な金額はわかりませんが50000円ぐらいだと仮定すると㎡あたりの単価は約2600円ぐらいでした。

Nハウジングさんの見積もりは

砂利敷き 18トン 81000円

防草シート(商品名無し)敷き手間込み 100.5㎡ 65325円

こちらも掘削、残土処分、諸経費は他の場所と一緒に見積もられているので正確な金額はわかりませんが50000円ぐらいだと仮定すると㎡あたりの単価は約2000円ぐらいでした。

どちらも砂利敷きにしてかなり安くおさまっていると思います。

それぞれの業者で見積もりの項目などが違いますので正確な比較はなかなか難しいです。

さらに商品名が入ってない所は何が使われるかわかりませんので、使ってほしい建材がある場合はその建材で見積もりしてもらってください。

Nハウジングさんの防草シートもザバーンにかえると㎡あたりの単価はほとんど変わらないと思います。

砂利敷きと土間コンの費用の比較

砂利敷きと土間コンの費用がどれぐらい違うかを見積もりから見てみたいと思います。

先に書いておきますが土間コンの方が圧倒的に費用がかかります。

測量までして頂いた外構業者さんの見積もりは

土間コンクリート打設約45㎡で約31万円ほどかかっています。

詳細な見積もりもありますが、かなり長くなりますので省略させていただきます。

㎡あたりの単価は約7000円ほどかかっています。

Nハウジングさんの見積もりは

コンクリート工事約40㎡で約35万円ほどかかっています。

タイルテラスや他の工事の費用も入ってそうな見積もりでしたので、これより少し安くなると考えられます。

㎡あたりの単価は8000~8500円ぐらいでおさまりそうです。

このように砂利敷きと土間コンクリート打設では約3倍近くの費用がかかるようでした。

ネット土間コンの打設費用などを調べてみると㎡あたり1万円前後と書いている所が多いのでどちらもかなり頑張った値段を出していたことがわかりました。

まとめ

今回紹介したのはあくまでも我が家の見積もりです。

当たり前ですが面積が大きくなればなるほど㎡あたりの単価はさがります。

相見積もりを行ってもそれぞれの業者で項目や名称がかわってきますので注意が必要です。

面積が狭ければ自分で行うこともできますが、広い場合は外構業者さんに頼んだ方が賢明です。

また砂利敷きと土間コンの打設では約3倍ほど費用が違います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする