【第三十七話】家作り物語 大手ハウスメーカーの最後?の攻勢

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

みなさん、こんにちは

フミです。

この物語は、フミの家作りの軌跡を思い出しながら書いていきます。

このブログを初めて読む人で

記憶違いや大げさな表現や乱暴な言葉使いがあるかもしれませんがご容赦ください。

そして方言丸出しかもしれませんが・・・

さらに、そんなもん興味ないわと思われているかたもいるかも

でも書きます。

その当時のプランや間取りが出てこないのは、

引っ越しの際にほとんど捨ててしまったのでご容赦ください。

今日は、大手ハウスメーカーの最後?の攻勢です

前回の話はこちら

1.大手ハウスメーカーのOB訪問 2.住んでいる家を見て 3.OBさんに聞いてみた 4.私達の感想 5.まとめ

スポンサーリンク

1.最後?の攻勢

大手ハウスメーカーは、5月末にまたまた攻勢をかけてきました。

OB訪問をさせて頂いた後、感想などを聞かれ、私たちが煮え切らない反応をしたいたことを察知したのかわかりませんが、

今月数字を取れてないところがあるので、5月中に決めて頂いたら頑張らさしていただきますとのこと。

大手ハウスメーカーは、このような事がしばしばあるようです。

私は、一応、太陽光を10kW以上載せることと、あと価格を頑張っていただいたら考えますと・・・

正直、両方飲んでいただけていたならこの時に、決めていたかもしれません。

スピードさんは、価格は頑張りますが、太陽光はちょっと聞いてみないとわからないとの事

当たり前ですよね。規格住宅なので、仕様変更は簡単ではないのです。

2.スピードさんの返事はいかに?

太陽光は、あれ以上は載せられません・・・

う~ん、やっぱりね。ちょっとした裏技で10kW以上載せることも考えたけど、

どうしても大手ハウスメーカーじゃないと、というわけでもないし

規格住宅だから、水回りや外壁の仕様は限られるし

若干狭いと感じる間取りだし

それらをデメリットを吹き飛ばすほどの価格でもなかったので

私の中では、断る方向に固まりました。

しかし、まだはっきり断りませんでした。

なぜかと言うと、もっとなんかすごいものがでてくるかなと少し期待してました。

・・・新人さん担当なはずなのに全然登場してませんね

連絡とかはマメにしていただいたんですけど・・・

何分印象に残ることが熱意ぐらいしか無かったもので

3.まとめ

大手ハウスメーカーは、何かと理由をつけて契約を急がしてきます。

粘ればある程度の値引きを引きだせます。もちろん競合他社がいるとなお良いですよ。また、タイミングも重要。

規格住宅は軽微な変更はできますが、大がかりな変更はできない場合も多々あると考えていてください。

今日はこの辺で

フミでした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする