もしいま家創りをやり直すなら・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

みなさん、こんにちは

フミです。

このブログを初めて読む人で

今回はもし今の知識のまま家創りをやり直すならどうするかを書いていきます。

失敗点などもいくつも書いていますが、そこら辺をすべて解消しても満足する家にはならないと思います。

たぶんどこまでやっても満足しません。

失敗点をすべて改善しても小さな不満点が今より大きく感じてそれを全てなくすのは不可能です。

なのでいろいろなパターンのifを考えてみます。

スポンサーリンク

予算が十分にあるパターン

このパターンならほぼ満足する家が建てれるのではないかと思います。

基本は低燃費住宅仕様で窓はエクセルシャノンさんに変更

ユーロサッシを採用しない理由は引違いと網戸が無い事ですかね。

あとアフターメンテナンスも国産の方が良いのではないかというイメージ

間取りは平屋でメータモジュールで日射取得などもしっかり考えた間取り

・・・坪単価及び土地代はいくらになるかわかりませんが予算が十分にあればこれで

予算が今と同じパターン

土地が今の場所付近の場合

失敗点を全て潰して、またNハウジングさんにお願いするのではないかと思います。

土地を75坪から60坪ぐらいまで減らすことで、予算オーバーだった面もかなり解消できるのはないかなと

あと日射取得に関係ない窓をトリプルサッシの採用ですかね。

土地が高松だった場合

今日は、遠くまで見学会に行った話です。超?高性能住宅でしたUa値0.34C値0.17らしいです。また性能だけを追い求めるのではなく、施主さんに寄り添った設計し、かつコスパの面でも大変優れていました。もっと近くにこの建築会社があれば候補にあがっていたと思います。

or

今回はとある家ブロガーさんのブログで知った見学会に行ってきました。本当はとある家ブロガーさん邸(Ua値0.25C値0.3ぐらい)の見学会に行きたかったのですがちょっと時間がとれなくていけませんでした。なので同じ建築会社さんの見学会に突撃してみました。

の建築会社さんに頼むかもしれません。

HPを見たのと見学会にしか行ってませんが非常に高性能かつ施主さんの事を考えられている建築会社さんでした。

泉北ホームさんの施工エリアの場合

くろーばーさん邸仕様でお願いします。

くろーばーさんのブログに紹介されたのでこちらもくろーばーさんのブログを紹介させていただきます。

高気密・高断熱なマイホームを大阪で新築するブログwith泉北ホーム 2017年10月完成。積水ハウスより800万安い建築費用、一条工務店より光熱費が安くなる家づくり。

とりあえずくろーばーさんのブログをひととおり読めば家作りの事はだいたい網羅できます。

(泉北ホームさん、くろーばーさん勝手に名前をだしてすいませんダメなら消しますので連絡してください。)

くろーばーさん邸仕様ならアフターメンテナンスの事もしっかり考えられているので、私が口を挟むと・・・いろいろダメになりそうなので仕様はそのままで

予算はあまりないが性能にこだわる場合

アイフルホームさんのセシボ極を選択するしかないのかなと思います。

実際見積もりなどをしてないのでどれぐらいの坪単価になるかわかりませんが、プレス発表では40坪で1920万円(税別)となっています。

これを坪単価になおすと48万円ですが、これは本体だけの価格だと思われますのでいろいろコミコミすると60万~ぐらいにはなるのではないかと思われます。

坪単価60万外皮平均熱貫流率Ua値0.3気密性C値0.61(2015年実物件測定平均)らしいのでコスパはかなりよいのではないかと

ただしメンテナンスの面はわかりません。

予算がもっとない場合

家創りじたいしません。

家創りで一番大事なのは資金計画なのでお金のめどが立たない場合、賃貸に住んでいるのではないのかなと

どうしてもハウスメーカーで建てたい場合

どうしてもハウスメーカーで建てたい場合は、一条工務店ですかね。いろいろ一条ルールで制約はありますが、性能の面ではハウスメーカーの中で頭一つか、二つ抜けているのではないかなと

でもハウスメーカーに出せるお金があるのなら、同じお金を出せば同じぐらいの性能をだせる建築会社さんはかなりありますので

まとめ

いろいろなifを想像してみましたが、同じ条件ならNハウジングさんを選んでしまう。いや選ばざるえないという事は建築会社選びは失敗してなかったと言えるのではないかと思います。

ここではあまりふれていませんが、新住協やパッシブハウスジャパンさんに属している建築会社さんならある程度の質は担保されると思います。

それらのに所属していないけれどいい建築会社さんもたくさんあります。

自分とあういい建築会社さんと出会うことが一番の家創りの成功の近道です。

今日はこのへんでフミでした。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
↑  ↑  ↑
もっと頑張れと思う方はポチっとお願いします

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする