【讃岐うどん】昔は畑から自分でネギを取ってきて刻んでいた『なかむらうどん(飯山)』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

みなさんこんにちは

讃岐うどんが大好きな愛媛県人のフミです。

今回は丸亀市の飯山にある昔は畑から自分でネギを取ってきて刻んでいた『なかむらうどん(飯山)』さんを紹介します。

私が紹介するまでもなく超有名店ですが紹介させていただきます。

その前に讃岐うどんとはどんなものか知りたい人はこちらを読んでください。

スポンサーリンク

『なかむらうどん(飯山)』さんの場所は?アクセスは?

『なかむらうどん(飯山)』さんは丸亀市を流れる土器川沿いにあります。近くにはよしやさんやセルフうどんおかだなどの美味しいうどん屋さんもあります。

住所:香川県丸亀市飯山町西坂元1373−3

『なかむらうどん(飯山)』さんへのアクセス

高松駅から約25キロあり、高速を利用すると約45分ほどで着きます。高速を利用しないと約50分ほどかかります。最寄りのICはさぬき坂出ICでそこからは約5キロあり車で10分で着きます。

『なかむら(飯山)』さんはまぎらわしい?

中村うどん(丸亀)』さんと

『なかむらうどん(飯山)』さんとはまぎらわしいですね。

これは丸亀市と飯山町が合併したこともあり、かなりまぎらわしくなりました。

なぜ同じ『中村(なかむら)』という屋号かといいますとこの二つの店主は兄弟らしいです。

もともとは兄弟の父が『なかむらうどん(飯山)』さんを始めたそうです。

それを息子のお兄さんがそのまま引き継いだのが『なかむらうどん(飯山)』で、弟さんが兄弟店?暖簾分け?をしたのが『中村うどん(丸亀)』さんらしいです。

『なかむらうどん(飯山)』さんが有名になったきっかけ

うどんがおいしく人気のあまり、人手が足りず

お客様が自分で畑からネギをとってきて自分でトッピングしてもらう

ということをしていたら、テレビに紹介され有名になり、今ではGWや連休などにはかなりの行列ができるます。

私も20年以上前に親に連れられて行ったような記憶がありますが、よく覚えてません。

残念ながら現在では自分でネギをとることはできません。

『なかむらうどん(飯山)』さんのメニュー

かなりシンプルなメニューで勝負しています。昔はもっとメニューが少なかったような・・・

うどんメニュー

  • かけうどん(温・冷) 220円
  • 釜玉うどん(温) 270円
  • 醤油うどん(温・冷)220円
  • ぶっかけ(冷) 290円
  • 冷やしうどん(冷) 270円
  • 湯だめうどん(温) 270円
  • 肉うどん(温) 430円
  • 肉ぶっかけ(冷) 480円

大(2玉)だと+100円、特(3玉)だと+200円です。

サイドメニュー

  • 天ぷら 100円~
  • 卵 50円?
  • いなり 120円
  • おにぎり 80円

『なかむらうどん(飯山)』さんのうどんを堪能する

『なかむらうどん(飯山)』さんは釜玉でも有名ですが、かけうどんを注文しました。

自分で麺を温めるスタイルのお店です。

自分で麺を温めた後、出汁タンクから出汁を入れ薬味などをトッピングします。

そうすればかけうどんの出来上がりです。

まず出汁を頂いてみると一口目は濃いと感じたが食べすすめていくうちにマイルドなイリコの風味が感じられるようになった。

次に麺を頂いてみると香川のうどん屋さんの中では細麺で、こしはあまりないですが絶妙に伸びる面でソフトな口当たりで他の店とはかなり違います。

出汁とこの何とも言えない麺の相性は抜群でした。

次は釜玉にチャレンジしたいと思います。

まとめ

残念ながら今はネギを自分でとるなんて事はできませんが、うどんの味は間違いありません。

他の店に比べるとこしは感じられませんが、絶妙に伸びてソフトな口当たりの麺は唯一無二かもしれません。

昔ながら雰囲気もまだまだ残っていますので、雰囲気も楽しみたい人にもおすすめです。

『なかむらうどん(飯山)』さんの情報まとめ

住所

香川県丸亀市飯山町西坂元1373−3

営業時間

9:00~14:00

定休日 火曜日

アクセス

高松駅から約25キロあり、高速を利用すると約45分ほどで着きます。高速を利用しないと約50分ほどかかります。最寄りのICはさぬき坂出ICでそこからは約5キロあり車で10分で着きます。

駐車場

あります

店の形態

セルフ

店のHP

お店の公式HP

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする