2019年の電気関係のデータをまとめてみた【HEMSは偉大だ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、こんにちは

フミです。

このブログを初めて読む人で

1月になりましたのでHEMSで2019年の電気代を振り返ります。

その前に、家の性能がわからないのに電気代だけ書かれてもとの話もありますよね。

前提として

断熱性能は HEAT20 G1

外皮平均熱貫流率(UA値)0.56

熱損失係数(Q値)は1.9

BELSによる設計一次エネルギー消費量59%削減

延べ床面積 123.39㎡

電気契約 四国電力 スマートeプラン[タイプL+]

太陽光発電

パネル パナソニック製

搭載量 11kw

方角 南南東

屋根の角度 2寸(約11°)

年間予想発電量 11,959kWh

家族構成

2人家族、愛媛住まい

スポンサーリンク

2019年の発電量

年間で12516kWhほど発電しており、予想発電量より約4.7%ほど上回っています

月別にみてみると予想をかなり下回ったり、上回ったりしている月があるが年間で見てみると予想発電量より良好な結果が出ている。

2019年の売電量

2019年の売電量は10999kWhで売電額は286066円でした。初期投資がかかりましたが年間30万弱売電できるのは本当にありがたいです。

微妙に期間はずれてますが2019年の太陽光の売電について詳しく知りたい方はこちらをみてください

今回は2019年の売電額を書いています。2019年の太陽光の売電額が出そろいましたのでまとめてみました。得か損かと聞かれれば今の時点では得です。ただしこれから先出力抑制などが頻繁に起これば損になるかもしれません。太陽光発電の損得のカギを握るのはどれだけ設置費用を安くできるかがです。

2019年の買電量

2019年一年間の電力会社からの買電量は3278kWhで電気代は79279円でした。この電気代の中には再エネ賦課金や燃料費調整単価が含まれていませんので実際の請求額とは異なってきます。

実際の光熱費を知りたい方はこちら

12月の電気代がわかりましたので2019年の電気代をまとめています。夏も冬もエアコンの24時間連続稼働をしているにもかかわらず光熱費は年間で約9万円ほどしかかかっていません。賃貸の時の光熱費と比べるとなんと半額以下にもなっています。

2019年の使用電力量

2019年の家全体での使用電力量は4795.7kWhほど使っていたようです。

買電量が3278kWhで使用電力量は4795kWhなので太陽光発電の自家消費は約1500kWhのようです。

発電量の約12%を自家消費し、我が家と同じ使用電力量の家だと約2.6軒分の電力を発電している。

何に電気を使っているの?

1位 1Fエアコン

1Fエアコンなので暖房ですね。

1年間の節約をしないで暖房費は約21000円ぐらいです。

2位 冷蔵庫

かなり使用電力量が大きいですが、パソコンの使用電力も含まれているためです

3位 エコキュート

夏少なく冬多くなってますね。気温と相関関係があります。

ここで注目してほしいのは使用電力量の割に金額が少ない事です。深夜電力(23時~9時)までの電気料金が安い契約になっており深夜にエコキュートが作動しているので使用電力量の割にかなり金額が抑えられています。

この結果から、温めたり、冷やしたりするものはかなり電気を使うことがわかりました。

なので多少初期コストがかかっても効率のよい機器を選ぶ方が電気代まで考えると安いこともあります。

まとめ

HEMSがあることで、何にどれぐらい電気が使われているのかわかり、その情報を活用すればさらに省エネの生活が送れる。

暖めたり、冷やしたりするものは電気代がかなりかかる。

太陽光発電に関しては売電+自家消費分を含めると年間32~33万の効果があり、設置したことは今のところ正解なようです。

昨年の記事はこちら

今回はHEMSから2018年の電気代を振り返ってみます。暖めたり、冷やしたりするものはかなり電気代がかかっていることがわかりました。太陽光発電は順調の一言で、年間32~33万円ほどの効果が出ています。HEMSのデータをまとめたことによっていくつかわからないこともでてきました。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする