家作り物語 【第一話~第十話】まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

みなさん、こんにちは

フミです。

この物語は、フミの家作りの軌跡を思い出しながら書いていきます。

このブログを初めて読む人で

記憶違いや大げさな表現や乱暴な言葉使いがあるかもしれませんがご容赦ください。

そして方言丸出しかもしれませんが・・・

さらに、そんなもん興味ないわと思われているかたもいるかも

でも書きます。

その当時のプランや間取りが出てこないのは、

引っ越しの際にほとんど捨ててしまったのでご容赦ください。

今回は第一話~第十話までまとめますね

スポンサーリンク

1.家作りのきっかけ

1.消費税があがるかも

2.職場から住宅手当が出ない

3.長期金利がマイナスで住宅ローンの金利も過去最高に低い

簡単に言うと金銭的な動機だけですね。

フミの家作りの軌跡です。きっかけ 1.消費税があがるかも2.職場からの住宅手当3.長期金利がマイナスに4.まとめ

2.土地探し

1.土地の場所

1.職場までの距離は近すぎず、遠すぎない場所、

働いている所がつぶれない限り転勤はないので

2.職場と妻の実家の間、職場に行きやすく、妻の実家にも行きやすい

さらに自分の実家もその間にある。

3.地方祭の関係でNGな場所あり

これらをまとめると、場所はほぼしぼられました

偶然?必然?で私が出身の小学校の校区でした。

2.場所が決まったので分譲地探し

偶然にも地元も地元でしたので、一通り見て回ると何カ所かありました。

その中で、あまりよくないところもあったので・・・

3.分譲してそうな不動産屋に

アポなしで突撃

JホームとS不動産に行きました。

めぼしい土地を仮押さえしました。

土地がないことには家が建ちません 1.土地の場所 2.場所が決まったのでその周辺で分譲してる土地を 3.分譲してそうな不動産業者に

3.建築業者探し

土俵に残れた建築会社

Jホームの内川君

まだ経験が少ないのか、引き出しも少なく要領もえない

第二話の続きです。土地はタイミングや、出会いが大切 1.JホームからのDM 2.Jホームの内川君 3.この辺りから 4.まとめ

Iホームのうちさん

ちょっと社会人としてどうなのかな、自分のことうちと言うのは

多少は経験があるようなので、受け答えなどがはっきり

百聞は一見にしかずということで見学会へ 1.初めての見学会 2.Iホームのうちさん 3.メーターモジュールと尺モジュール 4.仮押さえしてる土地でプラン 5.まとめ

S不動産のさわやかさん(男性)

聞き取り能力も高く、押しも強くなく、たぶん仕事ができる人です

S不動産にプランを考えてもらうようになった経緯 1.S不動産の完成見学会 2.完成見学会で感じたこと 3.さわやかさんについて 4.まとめ

大手ハウスメーカーの新人さん

新人さんなので、経験も引き出しもほぼ皆無です。でも熱意はすごい

大手ハウスメーカーの見学会に行った話です。 1.見学会 2.粗品 3.プラン作り 4.まとめ

Nハウジングの現場さん

現場に入ったりすることもあり、細かいとこまで知っていることも

Nハウジングの構造見学会 1.初めての構造見学会 2.見学会で感じたこと 3.現場さんにも 4.まとめ

土俵に登れなかった建築会社

K商事

ZEHを教えてもらった会社だが、なぜかプランを作成するという流れにならず

ローコスト系の建築会社です

見てみないと、わからないを合言葉に見学会めぐりの旅は続きます。 そこで 1.K商事でZEHと出会う 2.ZEHとは 3.K商事でプランを作ってもらわなかったのは 4.まとめ

Cホーム

資金計画とライフプランのシミュレーションしたが、途中で連絡がなく・・・終了しました

市内では結構多く建ててるみたいです。

今日はCホームの見学会に行った時の話です。そこで初めてきちんと資金計画やライフプランのシミュレーションをしました

Wホーム

隣の隣の市に会社があり、打ち合わせや、アフタフォローに不安なのでプラン作りをお願いせず

友人の情報ではオシャレです

今日はWホームのモデルハウスを見学に 1.アポを取り 2.モデルハウスで 3.しかし 4.まとめ

簡単にまとめるこんな感じですね

フミでした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする